サンフランシスコで生まれた新たなベーカリースター〈THE MILL〉。ローカル産小麦のトーストを体験して。
2020.03.24

挽きたてのカリフォルニア小麦は甘さも香りもパワフル。 サンフランシスコで生まれた新たなベーカリースター〈THE MILL〉。ローカル産小麦のトーストを体験して。

タルティンが巻き起こしたサンフランシスコのパンシーンの活況は、 第2のスターを生み出した。伝統と革新をともに体現する〈ザ・ミル〉のジョシー・ベイカーがその人。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

カラダを考えた上の、ローカル産小麦のトースト

チャド・ロバートソンに次ぐ第のスターが、ジョシー・ベイカー。彼の店の名は〈ザ・ミル〉=石臼という。店内に石臼を置き、カリフォルニアの契約農家から取り寄せた小麦の粒を粉にし、挽きたてでパンにする、新しいコンセプトをシーンに持ち込んだ。

_MG_0404
〈ザ・ミル〉のシグニチャートース ト。奥から、「クリチ+ビーツペース ト」8ドル、「アーモンドペースト」 6ドル、「シナモンシュガー」5ドル。

カントリーブレッドの風味に驚いた。皮にある、メープルシロップか柿を思わせるコク。タルティン一色に染まった感のあるシーンをぶち破るように強烈な個性を放っているではないか。フレッシュミル(自家製粉)、オールグレイン(全粒粉)、サワードウが、ジョシーの三原則。挽きたての小麦は風味も栄養素も損なわれず、麦をまるごと挽くので食物繊維も豊富になる。そんな深い洞察の一方、シグネチャーのトーストは色とりどりでポップ。アーモンドペーストに海バター、クリチにビーツなどはトーストアイデアのお手本になる。おいしくて、楽しくて、体にいい。未来のパンはきっとこうなると確信した。

_MG_0433
ローフ型のカントリーブレッドのトーストにアボカドのマッシュとペッパー、海塩、オリーブオイルをかけて。8ドル。耳ばりばり、中しっとりの理想形。挽きたてのカリフォルニア小麦は甘さも香りもパワフル。

コーヒーカルチャーとトーストが見事にマッチ。

_MG_0460
おしゃべり、読書、ネットサーフィン。客たちは思い思いに。
_MG_0398
棚にはお気に入りの雑貨を置いて。何時間でもいたくなる居心地のよさ。おいしいパンがある、無敵のサードプレイス。
_MG_0409
高性能のポップアップトースターを並べ、注文に応じてトーストを焼き、色とりどりのスプレッドをのせる。日本の喫茶店にも似たスタイルで、もちろん〈フォーバレル〉のコーヒーとも抜群の相性。

〈THE MILL〉

_MG_0533

ジョシー・ベイカーと〈フォーバレルコーヒー〉とのコラボ店。
■736 Divisadero St., SanFrancisco
■415-345-1953
■7:00〜21:00 無休
■49席

※1ドルは約110円(2月14日現在)、アメリカの国番号は1、カリフォルニア州の飲食店は全面禁煙です。
(Hanako1182号掲載/photo:Kenya Abe illustration:Maori Sakai coordination:Hiroko Kato text:Hiroaki Ikeda)

TOPに戻る