週末にはフルーツサンド400個が売れていく〈フルーツパーラー 808〉へ。草加の商店街から奇跡を起こす。
2020.03.07

草加の商店街から奇跡を起こす。 週末にはフルーツサンド400個が売れていく〈フルーツパーラー 808〉へ。草加の商店街から奇跡を起こす。

出逢えること、その存在自体がまるで奇跡のように貴重なパン、というのもある。今回は週末にはフルーツサンドが約400個が売れていく〈フルーツパーラー 808〉へ。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

週末には約400個が売れていく。草加の商店街から奇跡を起こす。

02_232-
王道人気のイチゴ。今の時期は「やよい姫」580円。
02_417-f
店主の長浜臣さん。

見目麗しいルックスが先行しがち、ではある。でも実はフルーツサンドの奥は深い。それはパンとフルーツのバランスが、想像以上に難しいから。どちらかを立てればどちらか立たず。まるで面倒な人間関係のようだが、池田さんいわく「この店は両者のバランスがいいですね。町の商店街の八百屋さんがそれを可能にしているのって、ある種の奇跡じゃないですか」。その言葉を確かめに店を訪れると、元気いっぱいに出迎えてくれたのはオーナーの長浜臣(じん)さん。

フルーツパーラー808 草加
池田さんのお気に入りは「ミックスサンド」550円。
フルーツパーラー808 草加
仕込みは朝6時から。女性スタッフ総出の作業。
フルーツパーラー808 草加
通常の3倍の時間がかかるという「オープンサンド」550円(各税込)は要予約。フルーツの大きさによって配置が変わるため、ふたつとして同じデザインはない。

「こだわっているのは果物がもつうまみを最大限に引き出すこと。パンもクリームもそのために研究し尽くしました」と胸を張る。果物に関しては言わずもがな。追熟が甘ければ、パンを無駄にしてでも店頭には出さない。構想1年を経て完成したオープンサンドも、この冬デビュー。奇跡の連鎖はまだまだ続く。

〈フルーツパーラー 808〉

02_560-f

最大14種ものフルーツサンドが並ぶディスプレイは圧巻。ほかではお目にかかれない「紅天使」など、焼き芋サンドも人気。
■埼玉県草加市住吉1-5-271
■11:00〜18:00月休
■イートインなし

(Hanako1182号掲載/photo:Masanori Kaneshita tex&edit:Yoshie Chokki)

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る