食べるエステ!?「火鍋女子会」がアツい。【東京】火鍋がおいしい中華料理店3選
2020.02.26

この辛さ、やみつきになる。 食べるエステ!?「火鍋女子会」がアツい。【東京】火鍋がおいしい中華料理店3選

女子会をするなら、今オススメしたいのが「火鍋」。しゃぶしゃぶのような手軽さと、お店それぞれのこだわりがある火鍋は、今や年中楽しめる鍋に。薬膳のデトックス効果にも期待!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1. 〈胡同三㐂〉3代続く中国料理一家。伝統と若い感性が織りなす料理。/祖師ヶ谷大蔵

胡同三㐂 祖師ヶ谷大蔵
〈グランドハイアット東京〉〈中華香彩JASMINE〉を経て2019年5月にオープン。祖父は日本中国料理協会初代会長。「受け継いだメニューがありつつも、独自の中華を提案」。17種類ある紹興酒の飲み比べもおすすめ。

オーナーシェフの大城昌宏さんは28歳の若さにして、有名店で腕をふるった経歴を持つ。祖父、父も名のある中国料理人。3代続く生粋の料理人である彼が目指すのは「街一番のおいしい中華屋」。

胡同三㐂 祖師ヶ谷大蔵
赤は薬膳スープ、白は白湯野山椒スープ。前菜・デザート付き。「三㐂特製火鍋コース」5,000円。

アットホームな店内で本場の味を。

〈胡同三㐂〉
■東京都世田谷区祖師谷1-8-17
■03-6882-5530
■11:30~14:00LO、18:00~22:00LO 月休(月が祝の場合、翌休) 
■28席/禁煙

(Hanako1179号掲載/photo : Yoichi Nagano illustration : Aki Yamashita text & edit : Nao Yoshida)

2.〈香辛〉スパイス使いが光る二色鍋でデトックス!/青山一丁目

〈香辛〉青山一丁目

スリランカ出身の店主が故郷から取り寄せるスパイスを独自に配合して作る鍋が名物。

〈香辛〉青山一丁目

スープはすっぽんを使ったものなど4種を用意しているが、まずは鶏ガラや烏骨鶏、香味野菜をベースに唐辛子と20種のスパイスを使った特製香辛鍋を。鍋コース(3,600円~)のスープは2種を選ぶことができるので、寒い季節は体を温めてくれる生姜や、体力回復を助ける蓮の実がたっぷりの超生姜薬膳豆乳鍋を同時に楽しむのもおすすめ。

〈香辛(こうしん)〉
■東京都港区北青山1-2-3 青山ビルヂングB1
■03-6812-9385
■11:30~14:30LO、17:00~22:00LO 日祝休
■43席/禁煙
(Hanako1181号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi, Tomo Ishiwatari text&edit : Keiko Kodera)

3.〈中華旬彩料理 東方紅〉まさに“食べるエステ”な火鍋/恵比寿

恵比寿 中華旬彩料理 東方紅

店内は火鍋を楽しめるエリアと中華を楽しめるエリアに分かれていて、席数は77席。広々としていて、解放感がある。ソファ席が多いのもうれしいポイント。

恵比寿 中華旬彩料理 東方紅
通常は前菜・野菜盛り・お肉盛り・〆・デザートがセットになった「火鍋コース」2,980円〜/1〜2人前。

料理長が長期間試行錯誤を繰り返し仕上げたという「烏骨鶏のスープ」と「スッポンのスープ」。火鍋というと薬膳の癖のイメージがあるが、それは全く感じない。「烏骨鶏のスープ」は程よいピリ辛具合で、じわじわと汗がでてくる。「スッポンのスープ」はすっきりとしたコクのあるスープで美味しくいただける。

〈中華旬彩料理 東方紅〉
■東京都渋谷区恵比寿南1-5−5 アトレ恵比寿6F
■03-5475-8374
■11:00~22:30(22:00LO)
■休はアトレ休館日に準ずる
〈中華旬彩料理 東方紅〉公式サイト

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

今月のスペシャル

食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集
TOPに戻る