東京の絶品フォー3選!海外発話題店が続々上陸。フォー好きがリピートする秘伝の味とは?
2020.02.16

門外不出といわれた本場老舗の日本出店も。 東京の絶品フォー3選!海外発話題店が続々上陸。フォー好きがリピートする秘伝の味とは?

近年日本でも定着しつつある、ベトナムのソウルフード・フォー。ここでしか味わうことができない、秘伝の味とは?門外不出といわれた本場の老舗の一杯をはじめ、フォー好きが制覇したい東京の絶品フォー3選をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈Pho Thin TOKYO〉/池袋

Pho Thin TOKYO 池袋

周囲にあふれる派手な看板の中、見落としてしまいそうな小さな入り口に、続々と人が入っていく。

Pho Thin TOKYO 池袋
牛肉のフォー 890円(税込)

みんなのお目当ては絶品フォー。門外不出といわれたベトナム、ハノイの老舗が熱意にほだされ、日本出店を快諾。99%米粉の麺にあっさり優しい味わいのスープが心も胃袋も癒してくれる。本場の味を求め訪れるベトナム人の姿も。

(Hanako1179号掲載/photo : Natsumi Kakuto text : Yoshie Chokki)

2.〈THE PIG & THE LADY〉/恵比寿

恵比寿 THE PIG & THE LADY

恵比寿駅西口ロータリーから徒歩3分。

恵比寿 THE PIG & THE LADY

開放感あふれるガラス張りの店内は、リラックスムードが漂い、足を踏み入れた瞬間からハワイにいるような錯覚を起こす。

恵比寿 THE PIG & THE LADY
シェフのお母さん秘伝の“だし”が決め手のフォー。濃厚な味わいとともに、深いコクがやみつきに。ほかにも野菜のうまみを凝縮させ、昆布を使ったベジタブルフォー「フォーチャイ」も。

シグネチャーの「フォー19」をはじめ、モダンベトナミーズを楽しめる。

恵比寿 THE PIG & THE LADY

(Hanako1179号掲載/photo : Kenya Abe text : Yoshie Chokki)

3.〈ニタベ食堂〉/赤坂

ニタベ食堂 赤坂

もともと和食の料理人だった店主・中川伸補さん。タイやベトナムで食べた屋台料理を和食の技術で再構築し、日本人が毎日食べて飽きないアジア料理を考案する。

ニタベ食堂 赤坂
「具だくさん屋台フォー」1,280円

写真のフォーはカツオと昆布、焼きアゴ、ソウダ節、サバ節を使った和風だしをヌクマムと合わせた秘伝スープがポイント。鶏挽肉と野菜が食べ応えあり。ハーブ類の後味も爽やか。

(Hanako1140号掲載/photo : Kenya Abe, Yoichiro Kikuchi, Yuko Moriyama, Jiro Fujita text : Kimiko Yamada, Yumiko Ikeda, Mariko Uramoto)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

TOPに戻る