ふわとろ系に濃厚ジューシー系も!愛され続ける喫茶店のタマゴサンド5選
2017.04.04

みんな大好きタマゴサンド! ふわとろ系に濃厚ジューシー系も!愛され続ける喫茶店のタマゴサンド5選

みんな大好きタマゴサンド!タマゴサンドと一口に言っても、パンもしっとりからサクッとしたものまで、玉子も半熟のふわとろから濃厚ジューシーなものまで、その種類は多種多様です。今回は、いまなお愛され続けるレトロな喫茶店のタマゴサンドをご紹介します!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈みやざわ〉/銀座

「たまごサンド」(850円)

銀座の高級クラブでも御用達の逸品。少し薄めにカットされたパンはしっとりとしていて、そこからはみ出るほどにぎっしりと詰まった中身を優しく受け止めている。ゆで卵を潰したものとマヨネーズを混ぜた具にはコクがあり、バターの香りも相まって、いくつでも食べられそう。

みやざわ

みやざわ

  • 喫茶店
  • 銀座駅

2.〈レンガ〉/築地

「ホットサンドトーストセット」(900円)

23年前に母から店を継いだ現店主が考案。無塩バターとマヨネーズを塗り、トースターでじっくり焼いた厚切り食パンで半熟オムレツをサンド。羽根のように軽いサクサクとしたパンと、空気を入れながら焼き上げたふわとろ卵が生み出す、絶妙な食感バランスが心地いい。

レンガ

レンガ

  • 喫茶店
  • 築地駅

3.〈エスポワール〉/門前仲町

「たまごサンド」(640円)

トロトロの半熟卵オムレツと一緒にきゅうりをサンド。卵2つをフライパンに割り入れてかき混ぜたら、マスターいわく“卵の声が聞こえるまで”、何度も返しながら強火で焼き上げることが、おいしく仕上げるコツ。食べやすいサイズや箸休めにつく山ごぼうのお漬けものもうれしい。

エスポワール

エスポワール

  • 喫茶店
  • 門前仲町駅

4.〈はまの屋パーラー〉/有楽町

「玉子・サンドウィッチ」(850円)

先代が45年かけて完成させたレシピを、そのまま引き継いだボリューム満点サンド。主役の卵の味を引き立たせるよう味付けは塩のみ、食パンは24枚切りのタイプを使用。空気を入れて撹拌した卵(4つ分!)を鉄鍋に入れ、強火で丁寧に焼きあげたオムレツは濃厚&絶品!

5.〈カヤバ珈琲〉/根津

「たまごサンド」(500円)

黄金色に輝く卵が目を引く、お店の人気メニュー。厚みのあるしっとりとした食パンは、中身がつぶれないよう少しハードに仕上げられた「カヤバベーカリー」のサンドイッチ専用のもの。塩こしょうで味付けされた厚焼き卵は驚くほどにジューシーで、からしマスタードがいいアクセントに。

カヤバ珈琲

カヤバ珈琲

  • 喫茶店
  • 根津駅

(Hanako1127号掲載/photo : Motokazu Hara text : Aya Shigenobu)

編集部

シンプルだからこそ、それぞれのお店の個性が出て食べ比べしたくなってしまいます!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る