“パン飲み”できるおすすめベーカリーレストラン4軒。人気ベーカリーが手がけるレストランが急増中。
2020.02.05

パンは食事の脇役じゃない! “パン飲み”できるおすすめベーカリーレストラン4軒。人気ベーカリーが手がけるレストランが急増中。

パン好きにとっては、パンは食事の脇役に止まらず、おいしさにこだわりたいところ。一度は耳にしたことがある国内外の有名ベーカリープロデュースのレストランなら、使い勝手抜群で、気軽に話題の“パン飲み”が楽しめます。今回は、東京都内の人気ベーカリーレストラン4軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈Hakone Bakery Dining & Bar〉/日本橋

Hakone Bakery Dining & Bar 日本橋

箱根に本店を構える、ホテルが母体の人気ベーカリーレストランの新業態。

Hakone Bakery Dining & Bar 日本橋
箱根黒シチューセット 1,250円(ランチ)

同店ではワインに合うメニューに一新。

Hakone Bakery Dining & Bar 日本橋
コレド室町テラス限定のパンも必食! 
Hakone Bakery Dining & Bar 日本橋
塩味の効いたソーセージが食べ応え抜群の室町ソルティドッグ 450円。

フランス産AOP発酵バターを贅沢に使用した香り高いクロワッサンや、ひと口サイズのタルティーヌ 250円~など常時30種以上がそろい、グラスワインは480円~提供。

Hakone Bakery Dining & Bar 日本橋
新登場の窯焼きふわとろオムレツ。

箱根の素材にこだわったタパスも逸品ずくめ。

〈Hakone Bakery Dining & Bar〉
焼きたての自家製パンはテイクアウトも可。
■東京都中央区日本橋室町3-2-1 コレド室町テラスB1 
■03-6910-3262 
■8:00~23:00(フード21:30LO) 
■41席/禁煙

(Hanako1179号掲載/photo : Hiromi Kurokawa, Natsumi Kakuto text : Ayano Sakai)

2.〈Fiorata by 自由が丘BAKESHOP〉/自由が丘

自由が丘 Fiorata by 自由が丘BAKESHOP

開店10年のカフェ&ベーカリーが、6月にディナーを一新。

自由が丘 Fiorata by 自由が丘BAKESHOP
自家製大沼牛の生ハム“ブレザオラ”と旬のフルーツ 1,480円(税込)

オーガニックワインや自家製パンと共にコースで楽しめるイタリアンに。アラカルトもあり。

〈Fiorata by 自由が丘BAKESHOP〉
■東京都目黒区自由が丘2-16-29 IDÉE SHOP Jiyugaoka 4F
■03-3723-2040
■10:00(ディナー17:00)~22:00LO 年末年始休
■42席/禁煙

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/photo: Misa Nakagaki, Makoto Kujiraoka text: Akane Imoto)

3.〈ル・パン・コティディアン〉/たまプラーザ

ル・パン・コティディアン たまプラーザ

フランス語で”日々の糧”と名付けられた〈ル・パン・コティディアン〉は、料理人のアラン・クモンによりベルギーで創設されたベーカリーレストラン。

昔ながらの製法で作られるオーガニック小麦のパンを中心に、素材を活かした健康的なメニューを提供しています。1990年の創業以来、現在ではパリ・ニューヨーク・ロンドンなど世界に250店舗を展開。世界中のセレブリティが通う人気ブランドです。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ

日本国内には芝公園店を皮切りに、東京都内4店舗を展開。そしてこのたび、たまプラーザ駅から徒歩5分ほどの新しい商業施設〈ROOF125〉の1階に、都内以外では初めてとなるたまプラーザ店を立ち上げました。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ

パンは上質なオーガニック小麦と塩、水、天然酵母だけで作られるシンプルなものが中心。バゲットや「ウィート」と呼ばれる小麦胚芽入りのパンなどが楽しめます。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ

その他、北海道小麦のプレミアム食パンや、厳選バターを使いサクサクに焼き上げたクロワッサン、ベルギーチョコチップのクッキーやマフィンなど、スイーツ系も充実。オリジナル・ジャムも人気とか。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ

イートインの場合は、L字型に広がる62席へ。2人~4人掛けのテーブル席のほか、中央には楕円形の大きなテーブルもあります。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ

新鮮な上質素材の良さを活かし、シンプルな調理法をヘルシーに楽しむのが〈ル・パン・コティディアン〉。定番のタルティーヌをはじめ、サラダやデザートなど多彩なラインナップです。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ
「フェタチーズとキヌアのギリシャ風サラダ」1,590円(イートイン、テイクアウトOK)。

脂肪燃焼効果があるとされ、注目度の高い乳製品「フェタチーズ」を加えたギリシャ風サラダ。フレッシュな野菜とともにスーパーフードのキヌア、アボカドなどもたっぷり。ヘルシーなのにお腹いっぱいになれます。

ル・パン・コティディアン たまプラーザ
「カリーフムスとフレッシュベジタブルのタルティーヌ」1,290円(イートイン、テイクアウトOK)。

タルティーヌとは、ハードブレッドに野菜やお肉、魚などをのせたオープンサンドのこと。

〈ル・パン・コティディアン〉ではローストビーフやスモークサーモンのタルティーヌがありますが、たまプラーザ店ではさらに、ヴィーガン・フレンドリーな「カレー風味のフムス」もメニューに加わります。

外はカリカリ、中はふわっと焼き上げたハードブレッドに、なめらかなペースト状のカリーフムスは相性ぴったり。スパイシーなのに後味はさっぱりとした美味しさです。

美容や健康を意識したヘルシーメニューが楽しめる〈ル・パン・コティディアン〉。22時まで営業しているので、ランチはもちろんディナーまでOK。ぜひ訪れてゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

〈ル・パン・コティディアン〉
■神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-17-5 ROOF125 1F
■045-532-6490
■11:00~22:00(21:00LO)、土日祝9:00~ 年末年始休
■62席/禁煙
※曜日によらずテイクアウトは21:00まで。
※土日祝日9:00~11:00はパンとドリンクのみの提供。

(『ベルギー発のベーカリーレストラン〈ル・パン・コティディアン〉、たまプラーザにOPEN!』掲載)

4.〈欧風小皿料理 沢村〉/東京

〈欧風小皿料理 沢村〉 東京

軽井沢が本店のベーカリーレストラン。信州食材も取り入れた欧風料理とソムリエ厳選のワインがそろい、パスタなども充実。深夜もしっかり食事を楽しみたい人に最適。

〈欧風小皿料理 沢村〉 東京

濃厚でリッチな味わいの牛ほほ肉の赤ワイン煮込み 2,250円は、自家製の熟成酵母パンやワイン(グラス 850円~)がこよなく進む。

〈欧風小皿料理 沢村〉 東京

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Michi Murakami, Megumi Uchiyama, Kayoko Aoki, MEGUMI (DOUBLE ONE), Natsumi Kakuto text : Asami Kumasaka, Kimiko Yamada, Kahoko Nishimura, Aya Shigenobu)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

TOPに戻る