おしゃれなお店が増える「北千住」!レトロ喫茶に行列かき氷店も?下町で食べ歩きを楽しもう。
2020.02.23

下町風情あふれるあたたかい街。 おしゃれなお店が増える「北千住」!レトロ喫茶に行列かき氷店も?下町で食べ歩きを楽しもう。

東京の下町風情を残す街「北千住」。JR、東京メトロ、つくばエクスプレスと各線からの乗り入れとアクセスも良く、実は今、おしゃれなカフェや居酒屋、パン屋さんなど足を運びたくなる良店が集まっていると話題の街にもなっています。そんな魅力あふれる北千住散歩するなら、まずはここに行くべし!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈ミルクホール モカ〉で昭和30年代へタイムトリップ。

北千住 ミルクホール モカ

北千住から歩いて20分。千住桜木にある〈ミルクホール モカ〉。オープンしたのは昭和30年代後半。「ミルクホール」とは、明治大正期に流行った、軽食やコーヒーを提供するお店のこと。関東大震災の後、喫茶店に人気が映り変わって行ったそうですが、喫茶店が生まれる前のカフェ的なお店の総称だったよう。

いちばん人気は表の暖簾にも書いてあるコーヒー。オーダーを受けてから豆を挽いてハンドドリップ。

北千住 ミルクホール モカ

お店の中は、時間が進むのがゆっくりなので、この際、外の喧騒は忘れてコーヒーを楽しむのが吉。複数の豆をブレンドした味は実にすばらしく、心なごむ。420円。

〈ミルクホール モカ〉
■電話番号:非掲載
■東京都足立区千住元町38-1
■9:30~23:30(L.O.23:00)/不定休
■14席/喫煙

さらに詳しいレポはHanakoスイーツ担当連載「渋カフェ」をチェック!

2.本もCDもパンも楽しむなら〈R baker北千住店〉

北千住 R baker北千住店
「クロワッサンチョコレート」

〈TSUTAYA〉が運営しているベーカリーカフェ。店内はお客様がいっぱいで活気があり、地元に愛されている。

この「クロワッサンチョコレート」はクロワッサンのサクサクと、表面に薄く薄く塗られたチョコのパリパリ、その一体感がたあmらない!そして生地の持つ塩気が出てくると、チョコレートの甘みと香りを底上げしていく。

北千住 R baker北千住店
「ヨーグルト酵母の食パン」

皮はさっくり。ヨーグルト酵母によるものなのか、少し、ほんの少しだけヨーグルッペのような爽やかな風味がヒラリと漂う。この風味によって、しとしとモチモチ食感で甘みも重みもあるはずなのに軽やか。

3.〈重義〉ごろごろ果肉を詰め込んだスイートなくまのかき氷。

北千住 重義
「しげくまクン」980円(税込)

看板メニューの「しげくまクン」は、ブルーベリーの鼻にチョコチップの目、アイスクリームの耳を飾ったキュートなひと品。

かき氷の中には、パイン、いちご、ブルーベリー、オレンジと、フローズンフルーツがごろごろ入り食べ応えあり。自家製のカルピスクリームと果物の酸味も好相性で、後味爽やか。

北千住 重義

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Chihiro Ohsima text : Etsuko Onodera edit : Ryutaro Koizumi)

4.〈さかづきBrewing〉訪れるたびに初めて出会うビールがお待ちかね!

北千住 さかづきBrewing
左・正夢(ブラックエール) 600円、右・風月(ペールエール) 500円

大手飲料メーカーのビール醸造師だったオーナーの金山尚子(かなやましょうこ)さん。自身で始めたこの店では「奇をてらわない旨さ」を追求する。醸造所併設の店内には10のタップがあり、うち9種の内容がどんどん変化。一期一会のビールに出会えるのも魅力だ。

北千住 さかづきBrewing

看板料理は本格派ドイツソーセージ。数々の国際コンクールで金賞を受賞している〈マイスタームラカミ〉の味に加え、シェフが作る旬の皿もビールを進ませる。

(Hanako1179号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi text : Keiko Kodera, Kimiko Yamada (Sakaduki Brewing), Ami Hanashima (Snark Liquidworks))

5.アットホームな雰囲気で楽しめる〈アガリコ餃子楼〉

北千住 アガリコ餃子楼

北千住駅から徒歩4分ほどのところにある〈アガリコ餃子楼〉。Google map通りに向かうと裏口につく。空席が裏口側にあればそのまま着席できるので、ご安心を。

カウンター席ならではの、周りのお客さんとの会話を楽しみつつアットホームな雰囲気のお店だなと居心地の良さを感じているところに「ねばねば納豆餃子」が到着。納豆とひき肉の相性の良さを楽しめる。

北千住 アガリコ餃子楼

店員さんや、周りのお客さんとの会話を楽しみながら食べる納豆料理は、美味しさもひとしお。

〈アガリコ餃子楼〉
■東京都足立区千住1-39-12 1F
■03-6806-2199
■[月~木]17:00~翌03:00
[金、土]17:00~翌05:00
[日]16:00~24:00 無休
※月曜日が祝日の場合は月曜日が24時までの営業となります。
※詳細は公式ホームページをご確認ください

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

TOPに戻る