日本橋 お多幸本店
2020.03.10

お江戸日本橋でコンプリートしたい。 老舗名店の名物和食グルメ3選!【日本橋】江戸前寿司店の2,000円ランチも。

古き良き老舗ひしめくお江戸日本橋で食べたい、名物グルメとは?トロ握り発祥、江戸前寿司店の2,000円ランチをはじめ、老舗和食店の人気メニュー3選をご紹介します。

1.〈日本橋 お多幸本店〉豆腐まるごと一丁!おでんの老舗の名物めし。

日本橋 お多幸本店
日本橋 お多幸本店

真っ黒なおでんの汁は、70年以上継ぎ足して使っている伝統の味。純関東風おでんの名店の看板メニュー「とうめし」390円は、しっかりと味のしみた豆腐を固めの茶めしにのせた一品。ランチタイムの「とうめし定食」670円(各税込)と合わせて、1日で300食以上もの注文が入るのだとか。

〈日本橋 お多幸本店〉
■東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル
■03-3243-8282
■11:30~13:30LO、17:00~22:15LO、土祝16:00~22:30 日休 
■90席/禁煙

2.〈日本橋 玉ゐ本店〉どちらで味わう?2通りの天然穴子料理。

日本橋 玉ゐ本店

天然物の上質な穴子をいただける、都内でも珍しい専門店。

日本橋 玉ゐ本店

看板メニューの「箱めし」1,750円~は、ふんわり仕上げた「煮上げ」と、穴子の香ばしさが楽しめる「焼き上げ」の2通りで提供。どちらにしようか迷ったら、両方のせた「合いのせ」で贅沢に味わおう。最後は熱々の出汁を追加で注文して、お茶漬でシメ。

〈日本橋 玉ゐ本店〉
■東京都中央区日本橋2-9-9 
■03-3272-3227
■11:30~21:30(ランチ~14:00LO)、(土祝~21:00) 無休 
■25席/禁煙 

3.〈吉野鮨本店〉気軽に楽しめる江戸前寿司の老舗!

日本橋 吉野鮨本店

トロ握り発祥の店として有名な明治12年創業の寿司店。

日本橋 吉野鮨本店

赤酢のシャリで握り、煮切りしょう油をタネに塗るなど、江戸前の伝統を大切にしている。その一方で、少しずつアレンジを重ねて、時代に合わせた味を提供。まずは、2,000円から提供している「にぎり寿司ランチ」を試して。

〈吉野鮨本店〉
■東京都中央区日本橋3-8-11 政吉ビル1F
■03-3274-3001
■11:00~14:00、16:30~21:30(土ランチ営業のみ) 日祝休 
■48席/禁煙 

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る