sonna banana 八丁堀
2020.01.24

賞味期限は20分。 忙しいOLが知りたい朝グルメ3選!【八丁堀エリア】1杯でエナジーチャージできるバナナジュースも。

ビルが立ち並ぶビジネス街、東京・八丁堀。今回は、出勤前に立ち寄りたい、朝食におすすめのカフェ・スタンド・パン屋3軒をご紹介。忙しいOLの朝の味方とは?

1.〈sonna banana〉おそるべしバナナジュース!?たった1杯でパワー充電!

sonna banana 八丁堀

バナナジュース専門というユニークなジューススタンド。

sonna banana 八丁堀

オーダーが入り次第、1杯ずつ作られるジュースの賞味期限はわずか20分!全て砂糖不使用ながらしっかり甘く濃厚なジュースは飲み応え十分。

sonna banana 八丁堀

黒ごま、アーモンド、甘酒など豊富なカスタマイズに挑戦してみて! 

〈sonna banana〉
■東京都中央区八丁堀2-15-5 1F
■080-3707-0877
■平日8:00~9:15、11:30~19:00(土日祝11:00~) 無休 
■10席/禁煙

2.〈Co-side cafe @Tsukiji Sanokiya〉コーヒーとパンのいい香りで気持ち良く目覚める!

Co-side cafe @Tsukiji Sanokiya 八丁堀

「まぐろ焼き」で有名な築地の「さのきや」が、あんことスペシャルティコーヒーの相性を追求すべくオープンしたカフェ。一杯ずつハンドドリップで淹れられるコーヒーは、ホットとアイスで豆を変える。

Co-side cafe @Tsukiji Sanokiya 八丁堀

「ホットドッグwithピクルス」450円のほか、「ホットサンド」500円、「バタートースト」350円などは、コーヒーとの「ペアリングセット」も用意。

〈Co-side cafe @Tsukiji Sanokiya〉
■東京都中央区湊1-13-3
■03-3551-0496
■9:00~18:00LO 日祝休 
■20席/禁煙 

3.〈BAKE KITCHEN さとや〉早朝からオープン!街に寄り添うパン屋。

BAKE KITCHEN さとや 八丁堀

戦後まもなくから、地域で愛され続けるパン屋。作りたてのサンドイッチなどの惣菜パンは100円(税込)~とリーズナブルで、近隣で働くはらぺこビジネスパーソンたちの朝の元気の源になっている。

BAKE KITCHEN さとや 八丁堀

人気の「ブドーパン」一斤600円(税込)は、スライスするとレーズンがぎっしり。少し固めの生地がどこか懐かしく、ホッとする味わい。

〈BAKE KITCHEN さとや〉
■東京都中央区八丁堀2-15-9 
■6:30~19:00 土日祝休

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る