和洋料理 京橋きむら 京橋
2020.01.26

サクッとジューシーな王道グルメ。 一度は食べたい必食とんかつ4選!【東京】”とんかつのフルコース”が堪能できる専門店も。

ひと口噛むたびにほとばしる肉汁、サクサクの衣…不動人気の豚カツ。ランチ定食からフルコースまで、とんかつ好きなら一度は訪れたい専門店&和洋食店4軒をご紹介します。

1.〈銀座かつかみ〉/銀座

銀座かつかみ

「とんかつのフルコースって何!?」。オープンと同時に、食通の間に飛び交ったのはこんな言葉。

銀座かつかみ
銀座かつかみ
銀座かつかみ
銀座かつかみ

お肉5種、メンチ、エビフライで構成するコースは5,000円。スターターはトマトのだしサラダだったり、メンチカツはミニバーガー風に仕立てたり。サプライズ感もたっぷり。

銘柄豚を一品ずつ料理し、熱々で味わうコースは未体験の連続。〆のかつカレーを食べ終えると、もう口福感しかない。

(Hanako1167号掲載/photo : Yoichi Nagano, Natsu Tanimoto, Kenya Abe, Ryoma Yagi, Satoshi Nagare text : Yoshie Chokki)

2.〈和洋料理 京橋きむら〉/京橋

大きなろ過器でこした油を使い、サクッと軽い衣に仕上げている。
大きなろ過器でこした油を使い、サクッと軽い衣に仕上げている。

洋食の修行をしていた先代の志を継いで、和洋料理と名乗っている。サービスランチの「とんかつ定食」980円(税込)は、宮崎県産の豚ロースを100%コーン油で揚げているので、あっさりとしていて女性でも食べやすい。サービスのお茶は、揚げ物向けに厳選したスリランカ産で、密かに人気。

〈和洋料理 京橋きむら〉
■東京都中央区京橋3-6-2
■03-3561-0912 
■11:30~13:30LO、17:30~21:00LO 土日祝休 
■1F20席、2F個室(夜の予約のみ)/喫煙(ランチ禁煙) 

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

3.〈とんかつ檍 銀座店〉/銀座

とんかつ檍 銀座店 銀座

革新的な日本茶専門店〈すすむ屋茶店〉代表の新原さんは、日本茶とあんこが好きだが肉も好き。中でも「おいしすぎて毎日でも食べたい」というのが、同店のリブロースカツ定食 3,000円。千葉県産の林SPFポークを使用したカツは400gとボリューム満点。

脂が甘く、ひと口噛むたびに肉汁がほとばしる。「これを食べに行く時は、豚との戦いに行くような感覚がある。腹ペコで行かなきゃとうてい勝てない。人間は狩猟民族だったと感じるワイルドさです」

■03-3573-1600

(Hanako1179号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi, Tomo Ishiwatari text : Kimiko Yamada, Wako Kanashiro, Ami Hanashima, Yuya Uemura text & edit : Kahoko Nishimura)

4.〈とんかつ ふみぜん〉/紀尾井町

とんかつ ふみぜん 紀尾井町

『&Premium』誌で「揚物クラブ月報」も寄稿する編集者・遠藤さんは「父親が料理人だったので、子供のころからいろいろ食べていました」と話す。「高級なとんかつ屋さんです。『黒豚さつま特ヒレかつ膳』(4,400円)は、200gのヒレ肉を定食で味わう醍醐味を満喫できます。1人で早めの時間、車で夕飯に立ち寄って、ノンアルコールビールでガッツリ食べて、また仕事へなんていう日も。揚物メニューも豊富で、コロッケやメンチもおいしいですよ」

■03-3262-7096

(Hanako1179号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi, Tomo Ishiwatari text : Kimiko Yamada, Wako Kanashiro, Ami Hanashima, Yuya Uemura text & edit : Kahoko Nishimura)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る