【おしゃれ呑み】楽しみ方が広がる東京の角打ち3軒。蔵元による利き酒イベントも開催!
2019.12.24

ユニークなが「角打ち」が急増中。 【おしゃれ呑み】楽しみ方が広がる東京の角打ち3軒。蔵元による利き酒イベントも開催!

酒屋の一角で軽く立ち飲みするといったイメージが強い「角打ち」ですが、いまやその楽しみ方はさまざま。充実のイベントや料理、ショッピングまで、東京都内のユニークな角打ち店3軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈今田商店〉江戸から続く新川締めで、会場内の気持ちがひとつに。/新川

新川が江戸最大の酒市場だったことは意外と知られていない。当時、庶民はにごり酒を飲んでいたが、大名や大商人が好んだのは透明な清酒。ところが清酒の製法は難しく、西から樽廻船により新川に運ばれた。

新川 今田商店

「どの蔵が一番船として新酒を届けるかというレースは江戸っ子の一大関心事。誰よりも早く新酒を試そうと酒好きが殺到したそうです」と創業1923年の〈今田商店〉の4代目、今田健夫さん。西の酒蔵がビジネスチャンスを求めて新川に酒問屋を構えた。〈今田商店〉の本家にあたるのも広島の酒蔵「富久長」の〈今田酒造本店〉。

新川 今田商店
栃木の酒蔵「辻善兵衛商店」の試飲会では近隣のビジネスマンや各地のお酒好き、日本酒ビギナーの留学生など様々な層が集まった。5種の利き酒につまみも振る舞われて1,500円。

500円で3種を飲み比べる角打ちや蔵元を招いての利き酒会など、積極的に情報の発信を試みている。

新川 今田商店
月1~2回開催される利き酒イベントでは参加者による投票も行われる。
新川 今田商店
イベントは江戸時代から伝わる「新川締め」で終了。「ご繁盛~」の掛け声で杯をあける。

日本酒通も注目しているが、狙いは幅広い層に伝えること。
「日本酒初心者にこそ楽しんでほしい」と噺家を招いての酒屋寄席などユニークなイベントを企画している。

〈今田商店〉
平日17時以降、角打ち営業となり、500円で日本酒3種を飲み比べる利き酒もできる。日本ワインの試飲会なども定期的に企画。
■東京都中央区新川1-10-10 
■03-3551-5885 
■8:00~20:00(土~13:00) 日祝休 

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Satoshi Nagare, Keiko Ichihara text : Noriko Maniwa)

2.〈かめじま商店〉多忙な一日の「仕上げ」は、素材の力を引き出す酒と肴。/茅場町

証券取引所にも近い茅場町は新1万円札の肖像・渋沢栄一ゆかりの地。明治時代から新しい事業が生まれる土壌があり、シリコンバレーならぬ〝カヤバレー〞として、IT技術を駆使した金融事業・フィンテックなどのスタートアップ企業が集積しつつある。シェアオフィスなども増え、IT系金融業界で活躍するビジネスマンたちでにぎわう街となった。

茅場町 かめじま商店
東京メトロ茅場町駅3番出口すぐ。店名の由来は霊岸島と茅場町をつなぐ新亀島橋から。

今までの概念にとらわれない発想の新店舗もこの地ならでは。例えば2018年にオープンした〈かめじま商店〉は酒販免許を持つ角打ちビストロ。酒販店を通さずインポーターから仕入れ、自然派ワインを直接ワインセラーから購入することでより気軽に。

茅場町 かめじま商店
立ち飲みカウンターの対面は座りのカウンター席。グループで集まれるテーブル席もあるなど、TPOに合わせて選べるのがうれしい。
茅場町 かめじま商店
オープンキッチンで手際よく動くスタッフ。旬の素材をいかした料理はどれも秀逸。

「どれも熱をもって勧めてしまい、選べなくなる方が続出なのが悩みです(笑)」とオーナーでありソムリエの酒村洋行さん。酒村さんは飲食業を経て、サントリーのコンサル部門でメニュー開発、新店舗展開にかかわってきた。退社後、立ち上げた東銀座の焼き鳥店〈ヨシモリ〉はミシュランガイドのビブグルマンに選定されるほど評判に。

茅場町 かめじま商店
希少な部位を低温調理した鶏の白レバー刺し 690円、しらすとからすみのおつまみピザ 980円、レモンサワー 550円。

2号店となる〈かめじま商店〉でも低温調理をほどこした「鶏の白レバー刺し」など、〈ヨシモリ〉で築いてきたネットワークならではの、希少部位を使ったメニューがいただける。

〈かめじま商店〉
ワインセラーのワインは抜栓料1人250円。席料300円で着席することも可能。
■東京都中央区日本橋茅場町1-12-11 
■03-6661-7253 
■16:00~22:00LO 日祝休 
■22席(立ち飲み席は含まず)/禁煙 

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Keiko Ichihara text : Noriko Maniwa)

3.〈住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店〉いつもはビール派の友人にユニークなお酒とおつまみを新提案。/日比谷

福岡・博多の酒店〈住吉酒販〉が東京に初上陸。原材料の育つ環境からこだわった日本酒や焼酎、ワインなどが豊富にそろう。お酒以外に九州各地の食品や食器類なども取り扱っているほか、店内に併設している角打ちでは、販売している商品をその場で楽しむことができる。

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店

あまり日本酒を飲み慣れていない人にオススメなのが、軽やかで甘酸っぱい味わいの「七本槍awaibuki」1,439円。旨味と塩気のある100%ヴィーガンドーナツは新感覚のおつまみとしても◎「ヴェニエ・サレ・グリエ」625円。

〈住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店〉
■東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷B1
■03-6205-4172
■11:00~21:00(20:00LO) 休みは施設に準ずる

(Hanako1165号掲載/photo : Mao Yamamoto styling : Miwako Nakane text : Momoka Oba)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

TOPに戻る