東京駅周辺はご当地グルメが集結!【丸の内・八重洲】郷土料理が楽しめる居酒屋・レストラン5軒
2019.11.04

同郷の友達と飲むなら。 東京駅周辺はご当地グルメが集結!【丸の内・八重洲】郷土料理が楽しめる居酒屋・レストラン5軒

来たる忘年会シーズン。同郷の友達と飲むなら、全国各地のグルメが集まる東京駅周辺へ。北海道から沖縄まで、丸の内・八重洲の郷土料理が楽しめる居酒屋・レストラン5軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

【北海道】〈Hokkaido Soup Curry Suage 丸の内店〉北海道で大人気のスープカレーが丸の内に!

Hokkaido Soup Curry Suage 丸の内店
北海道産に限りなくこだわった素揚げ野菜は、彩り豊かでボリュームたっぷり!「パリパリ知床鳥の野菜カレー」1,203円。

国内外で人気を誇るスープカレー専門店。自分の好みに合わせてカスタマイズしたスープをベースに具材を選べば、食べ応えあるスタミナ満点の一皿に。北海道を感じる具材のラインナップは、どれにしようか迷ってしまいそう! 

〈Hokkaido Soup Curry Suage 丸の内店〉
■丸の内ブリックスクエアB1 
■03-6812-2898
■11:00~22:00LO(日祝~21:00LO) 無休 
■20席/禁煙

(Hanako1177号掲載/text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

【三重】〈伊勢角屋麦酒 八重洲店〉国産クラフトビールと伊勢料理で乾杯。

伊勢角屋麦酒 八重洲店
ウッド調で明るい店内。

1997年に醸造開始して以来、国内外で数々のビールアワードを受賞してきた〈伊勢角屋麦酒〉。2018年8月に初の東京旗艦店をオープンしたのが、ここ八重洲だった。

伊勢角屋麦酒 八重洲店
春のメニュー「尾鷲マグロのタルタルとちち豆腐 伊勢角屋醤油の泡っ」880円。ビールは左がBrand New Day IPA 650円、右がペールエール700円(共にハーフパイント)。

樽生クラフトビールはタップに13種類並び、定番以外に季節限定のものも多数。さらに、毎日2~3タップの入れ替えがあるという楽しさだ。サーバーを目の前にしたカウンター席で1人飲みもよし、テーブル席で仲間と一緒に飲み比べもよし。味噌や醤油を造る〈伊勢角屋〉から始まったブルワリーとあり、料理にはその木樽仕込みの味噌と醤油を使用。

伊勢角屋麦酒 八重洲店
伊勢うどんはシメに。500円

郷土料理も織り交ぜながらビールを飲めば、伊勢旅行の気分を味わえるかも。

〈伊勢角屋麦酒 八重洲店〉
伊勢赤鶏など三重の食材も豊富。
■東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビルB1
■03-3281-2300
■11:30~14:30LO、17:30~23:00LO(土17:00~22:30LO) 日祝休 
■39席(テラス席あり)/禁煙

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yuko Moriyama text : Kahoko Nishimura)

【福岡】〈長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店〉漁港直送の魚がおいしい博多を楽しむ酒場。

長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店

福岡県の長浜漁港から直送される鮮魚は、当日昼には店頭のネタケースに。居酒屋には珍しいショーケースには店の誇りが垣間見える。鮮度を生かし、朝獲れた魚は刺身で提供するものがほとんど。九州特有の珍しい魚も、市場から直接買い付けているだけにお手頃価格だ。

長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店
手前はイトヨリや赤エビなど、その日のおすすめがのった特上博多お刺身盛り合わせ 1人前1,580円(写真は2人前)、奥は博多名物ゴマサバ 1,000円。

その日の魚を見て献立を決める当日限定のコースが、この店の醍醐味。焼く、煮る、揚げるのシンプルな調理法で、素材の良さを引き出していく。

長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店
長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店
長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店
ほっとする惣菜も種類豊富。
長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店
ラベルもかわいいカップ酒は18種ほど。

丸の内のビジネスマンに人気があり、女性も入りやすいウッディな内装もこだわりの一つ。

〈長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助 丸の内店〉
明るい雰囲気でにぎやかに。
■二重橋スクエアB1 
■03-6269-9823
■11:00~14:00、17:00~22:30LO(土祝11:00~22:00LO) 日休 
■40席/喫煙(電子タバコのみ、ランチは禁煙)

【鹿児島】〈どん 薩摩〉鹿児島のとっておきの黒豚と茶ブリをしゃぶしゃぶで。

丸の内 どん薩摩

鹿児島特産の黒豚をはじめ、日本一になった黒牛、新鮮な地魚、鹿児島の本格焼酎と鹿児島料理を味わえる店。臭みのない柔らかな「南州黒豚」と、刺身でも食べられる「茶ぶり」を贅沢にしゃぶしゃぶでどうぞ。“南州黒豚バラ 究極の温泉水しゃぶしゃぶ”、“長島茶ぶり 究極の出汁 しゃぶしゃぶ”は、普段はそれぞれ2人前から注文可だが、期間中は1人前ずつセットにできるスペシャルメニューが登場。1人前3000円とおトク!予約がベター。

〈どん 薩摩〉
■丸ビル6F
■03-6256-0404
■11:00~14:00LO、16:30~22:00LO(日祝17:00~21:00LO) 無休
■52席/禁煙

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

【沖縄】〈BIOワイン&フード TAMA〉家庭料理とビオワインのマリアージュを楽しむ。

二重橋前〈BIOワイン&フード TAMA〉

野菜もお肉もたくさん食べられるように…をコンセプトに、沖縄料理をベースにしたフードメニューと合わせて、ビオワインを手軽に味わえる。おしゃべり上手なスタッフのキャラクターもあり、友達の家を訪れたような感覚でリラックスして過ごせる。

二重橋前〈BIOワイン&フード TAMA〉
左から、「パクチーサラダ」880円、「油淋鶏」1,100円、「じゃが芋シリシリ黒コショウ炒め」800円

フードはハーフサイズでの注文もOK。ボトルワインは3,500円~、全種類グラスでの提供も可能。

二重橋前〈BIOワイン&フード TAMA〉
ランチメニュー「肉・野菜そば」850円

〈BIOワイン&フード TAMA〉
■東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエアB1
■03-3213-2277
■11:00~15:00、17:00~23:00(日祝~22:00) 休みは施設に準ずる 
■50席/喫煙 

(Hanako1165号掲載/ photo:Kanako Nakamura, Michi Murakami, Yoko Tajiri, Yumi Furuya text:Chie Baba, Seiko Kigawa, Yasushi Kaneyama)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

TOPに戻る