気鋭シェフが手掛けるベーカリーカフェ3軒。【東京】絶品モーニングやランチが楽しめる!
2020.06.21

手掛けるのは、元寿司職人や本場で修業したフレンチシェフ。 気鋭シェフが手掛けるベーカリーカフェ3軒。【東京】絶品モーニングやランチが楽しめる!

単なるベーカリーカフェと侮ることなかれ。元寿司職人や本場でフレンチ修業したシェフが手掛ける、料理に昇華された逸品の数々に舌鼓すること間違いなし。朝食やランチに訪れたい東京都内のベーカリーカフェをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈カタネベーカリー〉

渋谷 カタネベーカリー
パンは夕方まで次々と焼き上がる。ガラスケースごと持って逃げたくなるほど、どれもおいしそう。

職人気質の片根大輔さんと、料理上手の奥さま智子さん。毎年家族でフランスへ出かけ、アパルトマンで暮らしてバカンスを過ごす。そこでの発見がこの店をどれだけ充実させていることだろう。フランスのパン屋のように、〈カタネベーカリー〉は早朝7時から営業する。

渋谷 カタネベーカリー
地下に併設されたカフェは、早朝から営業。薄暗い空間がやすらぎを与える。

地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。

渋谷 カタネベーカリー
パリの朝食 700円

「パリの一ツ星か二ツ星の、安いホテルの朝食をイメージ」と、片根さんは笑う。素っ気ない食堂のテーブルに置かれるカゴ盛りのパン、そのおいしさに感動した記憶が甦る。特に謳うわけではないけれど、このパンには、片根さんのありったけの技と情熱が注ぎ込まれる。

渋谷 カタネベーカリー
クロワッサン 160円、パンオショコラ 170円。美しいダークブラウンに焼き込んだ皮がバターの香ばしさを演出する。

クロワッサンをひとかじりしたとき、流れ込んでくる圧倒的なバターの香ばしさは、きちんとバターを折り込み、焼き込む、という職人仕事の積み重ねからしか生まれないものだ。

渋谷 カタネベーカリー
サラダセット(ヨーグルト付き)1,000円。パリのビストロを思わせるボリューム。

カフェで出てくる食器やカトラリーが素敵だなぁと思っていたら、隣にセレクトショップ〈アコテ〉もオープン。カタネテイストの雑貨を多数取りそろえているので、こちらも注目。

渋谷 カタネベーカリー
バニラ 140円。ザ・フランスのおやつ。ただごとではない香ばしさ。
渋谷 カタネベーカリー
パンオレザン 200円。カスタードとあふれんばかりのラム酒の芳香。
渋谷 カタネベーカリー
パンアングレ 280円。毎日食べたいパンとはこれのこと。
渋谷 カタネベーカリー
長時間発酵のフランスパン 200円(大)。軽いのにここまで味わい深いとは。

〈カタネベーカリー〉
フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。
■東京都渋谷区西原1-7-5 
■03-3466-9834
■7:00~18:30(カフェ~18:00LO) 月、第1・3・5日休 
■6席(地下のカフェ14席)/禁煙

2.〈CAMELBACK sandwich&espresso〉

渋谷 CAMELBACK sandwich&espresso
渋谷 CAMELBACK sandwich&espresso
カウンターで一息。

この店で心血が注がれていないものはなにもない。最後の一滴まで最高の抽出を狙う鈴木啓太郎さんのエスプレッソ。

渋谷 CAMELBACK sandwich&espresso
注文を待つ間はショータイム。寿司屋で鍛えられた成瀬さんの鮮やかな手さばきを見て過ごそう。1個に魂が込められる。

具材同士のマリアージュ、口に入るときの噛みごたえ。微に入り細にわたってこだわる、寿司職人出身・成瀬隼人さんが作るサンドイッチ。

渋谷 CAMELBACK sandwich&espresso

パンマニアにはうれしい、近隣の名店3軒、〈カタネベーカリー〉〈365日〉〈タルイベーカリー〉で仕入れたバゲットそれぞれに合わせた具材で作られる。

渋谷 CAMELBACK sandwich&espresso
「パルマ産生ハムと大葉、ゆずとバターの香り」700円

「パルマ産生ハムと大葉、ゆずとバターの香り」には王道のカタネバゲット。

DMA-DSC_3071_086
「ブリーチーズ、リンゴ、蜂蜜のハーモニー」800円

「ブリーチーズ、リンゴ、蜂蜜のハーモニー」には、発酵種が香るタルイバゲット。

渋谷 CAMELBACK sandwich&espresso
もちもちのコッペにサンドする「すしやの玉子サンド」380円。

もはや奥渋谷名物となった「すしやの玉子サンド」。卵焼き器を縦横に操り、毎日数時間かけて焼き上げた卵焼きはまるでスフレのエアリーさ。サンドイッチを芸術に高めた。

〈CAMELBACK sandwich&espresso〉
フリーハンドで描かれたORDERの文字が。バゲットサンドはそれぞれダブルサイズもある。オーダーが入ってからトーストして仕上げていく。
■東京都渋谷区神山町42-2
■03-6407-0069
■10:00~19:00 月休 
■ベンチあり/店外喫煙可

3.〈griotte Bakery cafe〉

目黒 griotte Bakery cafe

フレンチとパンの融合を目論む、最も若い世代が小島正義シェフ。食の都リヨンでフレンチ修業をした。「食べてました。ケーキ、チョコ、パン…。二ツ星、三ツ星のレストランはすべて行きました。フロマージュブランを1ℓ食べたり」。なんという食いしん坊。この人ならまかせて大丈夫だ。

1軒でパンも惣菜もそろえ、デリとしての機能を果たす。

目黒 griotte Bakery cafe
手前から左回りにパンイタリアン 130円、バゲット(ハーフ)140円、フムス 200円、にんにくコンフィとクリームチーズ 300円。

各種のペーストにフランス仕込みの辣腕は発揮される。にんにくコンフィとクリームチーズは、芳醇さがオリーブオイルによって引き延ばされる。ひとすくいパンに塗るだけでビストロのような食事になる。

目黒 griotte Bakery cafe
クロワッサン 230円
目黒 griotte Bakery cafe
ジンジャーオレンジ 270円(各税込)

クイニーアマンのユニークな造詣感覚。焼きこまない白いクロワッサン生地が発散する生々しいバターの香り。磯の香りを感じさせるきつめの塩と甘じょっぱくコラボする。

〈griotte Bakery cafe〉
取り置き可、地下にイートインスペースあり。コーヒー 280円、グラスワイン 600円(各税込)。
■東京都目黒区東が丘2-14-12
■03-6314-9286
■8:00~19:00 月休(祝の場合、翌火休) 
■10席/禁煙

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : Keiko Nakajima text : Taeko Terao edit : Kahoko Nishimura)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る