タピオカに続く!?今チェックしておきたい話題の新感覚ドリンク4選
2019.09.24

必ずチェックして! タピオカに続く!?今チェックしておきたい話題の新感覚ドリンク4選

世の中はまだまだタピオカブームが続いているけれど、そんな中でどんどん新感覚ドリンクが登場しています。今回は今チェックしておきたい新感覚ドリンクをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

【チーズティー】台湾で大人気のチーズティー専門店〈machimachi〉/原宿

現地台湾で〝神のチーズティー〞と呼ばれて大人気の〈machimachi〉が2019年6月、日本に初上陸。〈machimachi〉は、お茶を一杯ずつ抽出するのが最大の特徴。台湾で開発した専用ブレンダーを使い、出来たてだから香りもフレッシュだ。

「ミルクティーパンナコッタ」630円

絶賛されているチーズクリームは、塩とクリームチーズを泡だてた濃厚なもの。「クリームだけ飲んでみると、甘さがちょうど良くてチーズケーキのよう。すっきりした台湾茶と混ぜたら新感覚の味です」とハナコラボメンバーの吉田恵さん。

(Hanako1173号掲載 photo:Hiromi Kurokawa text:Kahoko Nishimura)

〈machimachiラフォーレ原宿店〉
■東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿2F GOOD MEAL MARKET内
■03-6896-5150
■11:00〜21:00
■不定休(ラフォーレ原宿に準ずる)

【和風チーズティー】テーマは和洋折衷。老舗和菓子店の新ブランド。〈大三萬年堂HANARE〉/御茶ノ水

今年6月、兵庫県の老舗和菓子店〈大三萬年堂〉の新ブランド、〈大三萬年堂HANARE〉が都内初出店。和洋折衷・温故知新をテーマに、美味しさはもちろん、女性ならではの視点を活かした、ヘルシーで見た目も可愛らしい和スイーツを数多く展開しています!

「和風チーズティー」750円。

とろとろのチーズクリームに甘酒をあわせた可愛らしい「和風チーズティー」。

〈大三萬年堂HANARE〉
本店の〈大三萬年堂〉は、兵庫県たつの市にある。一部オンライン販売もあり。
■東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスモール1F
■03-6206-8857
■10:00~21:00 無休
■30席/禁煙

(Hanako1176号掲載/photo:Hiromi Kurokawa text:Reika Yasuhara)

【甘酒フルーツスムージ】〈発酵デリカテッセン Kouji & ko〉/渋谷

ショーケースに並ぶフードは、彩り鮮やかでどれもスタイリッシュ。ドリンクだって、見た目はフルーツスムージーそのもの。でも実はここ、「ヌーベル ハッコー」という新しいコンセプトを打ち出した発酵デリ。オリジナルの麹で素材の旨味を引き出したメニューは、味だってどれも絶品。

“飲む点滴”といわれる甘酒がさらに進化。オプションでタピオカを入れることも可能。「AOK139麹菌フルーツあまざけ」。夕方には「フルーツあまざけ」片手におしゃべりに興じる女子高生の姿が。

(Hanako1169号掲載/photo : Chihiro Oshima, Ryoma Yagi, Kaori Ouchi, Kazuhiro Fukumoto (MAETTICO) text : Yoshie Chokki)

【バナナジュース】賞味期限20分のドリンク!?〈sonna banana〉/八丁堀

ストイックに開発された賞味期限20分の一杯を楽しめるバナナジュース専門店。

「バナナジュース」380円(税込)

選び抜いたバナナを独自の管理方法で熟成させ、独自ブレンドした「バナナジュース」は、バナナ本来の甘みを引き出した濃厚な味。LINE@会員で裏メニュー5種も味わえる。

(Hanako1134号P70,71掲載/photo : Yoko Tajiri, Megumi Uchiyama,Noriko Yoneyama, Taito Shimizu, Tomo Ishiwataritext : Mikiko Okai, Kisae Nomura, Yui Asabayashi)

編集部

バナナジュース、飲まなきゃ!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
mgh_sidebar
TOPに戻る