ここはパリ!?【東京名店】フランスのエスプリ詰まったおしゃれベーカリー3軒
2019.09.12

都内にいながらパリジェンヌ気分。 ここはパリ!?【東京名店】フランスのエスプリ詰まったおしゃれベーカリー3軒

本場で修行したシェフや対面式といったインテリア、パンのラインナップなど、フランスのエスプリが詰まった東京都内のおしゃれベーカリー3軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Boulangerie BONNET D’ANE〉/三軒茶屋

荻原浩さん/パティシエとして渡ったパリでパンと邂逅を果たし、ブーランジェに転身。五反田〈パン オ フゥ〉 のシェフを経て、〈ボネダンヌ〉を開店。

顔は日本人だが、精神はフランス人。荻原浩さんはそういう人である。「フランス人は香りを重視する人たち。フランスのパンの特徴って香りがあること」。バゲットの皮にあるフランス産小麦の甘い香り。中身からは穀物的ないい風味が鼻へと抜けていく。

これは荻原さんが修業したパリのパン屋のバゲット・トラディションを再現したもの。パリの端っこにあったその店を「パリでいちばんおいしい」と言い、いまだに深く愛している。

バゲットを使って作られるサンドイッチ、ジャンボン・フロマージュ。荻原さんはジャンボン・ド・パリ(パリのハムという意味)によく似たもも肉のハムをわざわざ探して、グリュイエールチーズとともにはさむ。

ジャボンブール 400円(各税込)
自家製木いちごのジャムとフレッシュバターのタルティーヌ 280円

木いちごのジャムのタルティーヌ。バゲットに塗られた自家製フランボワーズジャムの情熱的な甘酸っぱい香りとバターの甘さ。「ハマる人が続出しています」と言うとおり、取材時「ジャムだけ売って」と懇願するおばさんに遭遇。

プラリネショコラのタルティーヌ 320円

バゲットにプラリネを塗る贅沢。犯罪的なほどすばらしいチョコの香り。

ショコラ フランボワーズ 250円。チョコとラズベリーのマリアージュにため息。
ダンヌマルク 280円。ピーカンナッツとメイプルシュガー。

荻原さんのフランス愛は三宿付近をじわじわと浸食しつつある。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo:Akiko Mizuno,Youichiro Kikuchi)

Boulangerie BONNET D’ANE

Boulangerie BONNET D’ANE

  • パティスリー/ベーカリー
  • 三軒茶屋駅

2.〈ヴィロン 渋谷店〉/渋谷

プティ・デジュネ 2,000円。ヴィロンの2階ブラッスリーで、朝9時~11時限定。

朝9時の〈ヴィロン〉ほど悦楽に満ちた場所はない。バゲットに、クロワッサン、パン・オ・ショコラ。ヴィエノワにショソン・オ・ポムさえも。大きなバスケット山盛りになったパンから、好きなものを選ぶ。トレイの上の6種類のコンフィチュールはジャムの王様と呼ばれる「フランシス・ミオ」。のみならず、ベルギーのチョコスプレッドとパリ〈レザベイユ〉のはちみつ。これらは塗り放題なのだから、ヴィロンのパンへの冒涜だとそしられようが、たくさんつけすぎずにいられない。

この店のパンがフランス的な理由。小麦粉はフランスの最高級品レトロドール、水は高硬度のコントレックスをブレンド、オーブンはボンガード、ミキサーも分割機もフランス製。このブラッスリーに座って、天井に反射した赤い光を浴びながらプティ・デジュネを食せば、自分がいるのが渋谷なのか、ジョルジュ・サンクなのか、見失ってしまう。

ジャンボン・ブール 600円。これを食べずにサンドイッチを語るなかれ。
カヴァット 350円。カスタード、チョコチップ。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo:Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno)

ヴィロン 渋谷店

ヴィロン 渋谷店

  • カフェ/パティスリー/フレンチ/ベーカリー/ワインバー
  • 渋谷駅

3.〈Boulangerie et Café Main Mano〉/代々木上原

「ミニクロワッサン」60円。小さいけれどしっかりパリパリ、中しっとり。
「クリームパン」170円

〈マンマーノ〉でぜひ食べてほしいのは、なんといってもクリームパン。カスタード、というよりクレーム・パティシエールと呼びたい。バニラの芳醇さ、ミルク、卵。フランスのレシピそのままというこのクリームは、溶けるごとに、内側からぷんぷんとさまざまな香りが飛び出てくるのだ。

マンマーノブレッド(角食)も秀逸。ヨーグルトの乳清から起こした種を使うという優れたアイデア。自家培養なのにふわふわで、さわやかな甘酸っぱさがある。

「バゲット」350円

フランスでの経験は食事パンにもいかんなく発揮される。フランスの水の硬度に合わせ、バゲットはevianで仕込む。カリカリの皮にはいかにもフランス産小麦らしく、バターのようなコクと甘みを含む。後味はミネラリーににじみ、舌をじんじんとさせる。

「焼きカレーパン」310円
「パンオショコラ」330円。フランスのパンコンテストのヴィエノワズリー部門で1位に輝いた毛利シェフ。スイーツ系のパンに冴えを見せる。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno text : Taeko Terao, Tomoko Matsumoto edit : Rie Nishikawa)

Boulangerie et Café Main Mano

Boulangerie et Café Main Mano

  • カフェ/ベーカリー
  • 代々木上原駅
編集部

ヴィロンは食事は勿論、デザートやケーキも好き。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る