あんこ好き必食のかき氷集!こだわりあんこが自慢の甘味処・たい焼き専門店3軒
2019.08.15

鯛焼きやあんこ玉がのったかき氷も。 あんこ好き必食のかき氷集!こだわりあんこが自慢の甘味処・たい焼き専門店3軒

夏の風物詩・かき氷。かき氷のトッピングの中でも、あんこが好きという人も多いのでは?煮あずき専門店をはじめ、あんこにこだわった絶品かき氷が楽しめる甘味処・鯛焼き店3軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈たい焼き なみへい〉たい焼き屋ならではの、あんこを味わうかき氷。/鎌倉

DMA-たい焼きなみへい
右「たいやきくん氷」950円、左「大仏さま氷」850円(各税込)

〈たい焼き なみへい〉のかき氷は、まさにあんこ好きのための一品。熱々のたい焼きがトッピングされた「たいやきくん氷」が季節限定で登場。「大仏さま氷」は螺髪部分に抹茶あんと黒ゴマあん、潰しあんの3種類のあんこ玉を使用。氷の下に注がれた冷やし汁粉には、季節に合わせて塩加減を変えるというこだわりも。たい焼き屋ならではの、あんこが主役のかき氷が、夏の暑さを癒してくれる。

(Hanako特別編集『いつだってかき氷。』掲載/photo : Hiromi Kurokawa text : Yuya Uemura)

2.〈甘処 あかね〉専門店の煮あずきを味わうかき氷。/鎌倉

DMA-IMG_18004
「抹茶あずき」970円(税込)

小料理店〈よしろう〉の場所で昼の間だけ営業する煮あずきの専門店。十勝産の大納言に三温糖で甘味をつけ、ヘラを入れず鍋を振ることで粒を崩さずふっくらと煮上げる。豆の食感や香りが際立つ煮あずきは、甘味ファンを魅了してやまない。レトロな手回しのかき氷機「初雪」でかいた氷と絶品煮あずきの相性は抜群。〈一保堂〉の抹茶で作るシンプルな「抹茶あずき」こそ、日本の夏の味わいだ。

(Hanako特別編集『いつだってかき氷。』掲載/photo : Kaoru Yamada text : Yoko Fujimori)

3.〈浅草浪花家〉最初から最後まで幸せ。盛りつけも可愛い一杯。/浅草

浅草浪花家 (33)
「あさやけ」880円

麻布十番の〈浪花家総本店〉からのれん分けした安田亮介さん、由佳梨さん夫妻が切り盛りする甘味店。鯛焼きは本家と同じ製法だけど、かき氷はまったくのオリジナルなのだそう。いちごとミルクのシロップをあしらった「あさやけ」は、氷の上にたっぷりの粒あんが。

浅草浪花家 (36)
「みるくといろんなものが入ったあんこ」800円

「みるくといろんなものが入ったあんこ」は、氷の中にこしあんが隠されている。鯛焼き店ならではの染み入るようなおいしさを。

DMA-naniwaya_0086
「みるくといろんなフルーツ」880円

(Hanako特別編集『いつだってかき氷。』掲載/photo : Shinichi Yokoyama text : Riko Saito)

今月のスペシャル

夏の楽しいお酒特集!おうちで楽しむ「べランピング」から、今年のトレンドカクテルをチェック。夏の楽しいお酒特集!おうちで楽しむ「べランピング」から、今年のトレンドカクテルをチェック。
TOPに戻る