働く女子の愛用品。父からもらったメジャー/内装デザイナー・井村葵さん
2019.07.11

ハナコラボメンバーに聞いた! 働く女子の愛用品。父からもらったメジャー/内装デザイナー・井村葵さん

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、東京で働くハナコラボたちの、四六時中身につけている愛用品をご紹介。第14回は、店舗の内装デザインを手がける井村葵さんに話を聞きました。

大場桃果 / エディター・ライター

「1994年生まれ。幼い頃からとにかくピンクが好きで、気分を高めてくれる愛用 品はほとんどピンク一色。」

大場桃果
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

本日、愛用品を紹介してくれるハナコラボメンバー

名前:井村葵さん
職業:内装デザイン
年齢:25歳

オフの日はアウトドアで大自然を満喫。

ヘアサロンや飲食店の内装デザイナーとして働く井村さんは、図面の製作やロゴのデザイン、壁紙や床の材料選びなど、様々な業務を担当。「大変なこともありますが、やりがいがあって楽しいです」と話します。オフの日には、ライブハウスや美術館を訪れることが多いそう。「最近は、静岡県の富士五湖でキャンプをするのにハマっています。豊かな自然を満喫できるのはもちろん、飯盒炊爨でカレーを作ったりするのもワクワクしますね!

内装の仕事に欠かせない、便利なメジャー。

内装の仕事をする井村さんにとって欠かせないのが、このメジャー。天井の高さや壁の幅、ドアのサイズなど、あらゆる箇所を測ってくれる“相棒”なのだとか。「メジャーは毎日絶対に持ち歩いています。扱いが難しくて最初は手こずってしまいましたが、今では慣れてスムーズに計測できるようになりました。赤の色合いもお気に入りです」。

“マイメジャー”を目指して日々スキルアップ。

「この仕事を始めてまだ数年なので、今後はもっとスキルアップしていきたいと思っています。今使っているメジャーは父のお下がりだから、新しくマイメジャーも手に入れたいな(笑)。あとは、今の仕事とは別で、傘をデザインしてみたいという気持ちがあります。可愛いと思う傘が少なかったり、あったとしても機能性が微妙だったりするので……満足のいく傘を自分で作ってみたい、と計画中です」。

☆前回のハナコラボディレクター・川久保美月さんの愛用品は こちらから。
☆『働く女子の毎日持ちたい愛用品。』コラムページは こちらから。

大場桃果

デザイン性と実用性を兼ねそろえた傘、私も欲しいです!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る