個性豊かなドーナツたちとの出会える、体験型ドーナツファクトリー〈koe donuts〉へ。~カフェノハナシin KYOTO vol.44〜
2019.06.08

インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 個性豊かなドーナツたちとの出会える、体験型ドーナツファクトリー〈koe donuts〉へ。~カフェノハナシin KYOTO vol.44〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。第44回目は、3月21日にグランドオープンしたドーナツショップ〈koe donuts〉を訪れました。

きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょん
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

新京極通りを行き交う人たちが視線を奪われた先にあるのは、3月21日にグランドオープンしたドーナツショップ〈koe donuts〉。
建築家・隈研吾 さんデザインの和モダン空間は、粉を挽くところから、ドーナツを揚げ、トッピングを行うまでの全工程を見学できる体験型ドーナツファクトリーとなっていて、そこで生まれたドーナツたちはただ美味しいだけに非らず、身体に優しく、環境にも優しいという”エシカル”なドーナツなのです。

店内を竹かごが彩る安らぎ京空間。

全プロセスを見学できるエンターテイメント性も◎身体に優しく地球環境にも配慮した"エシカル”なドーナツ。

一からここで作っているということを目で見て知ることができるからこそ、絶対的安心を得られる”エシカル”で”ウェルネス”なドーナツは、ドーナツ特有のあの胃にくる重さがなく、パクパクと食べられてしまう軽やかさ。

そんなドーナツたちは、定番のオールドファッションをはじめとした数十種類ものフレーバーがずらりと並び、中には和テイストの白味噌や黒豆といったドーナツもラインナップ。また、お持ち帰り用に6個入りのアソートボックスも販売されており、みんなが集まる場所にお届けすれば、主役になれること間違いなし!

「ドーナツメルト(ストロベリー)」850円(税別)

文字通り、身も心もメルトしちゃいそうな食感をした新感覚メニュー 「ドーナツメルト」はイートイン限定。思わず笑みが溢れちゃいそうなほどにしっとりとしており、一度口に含めば、和三盆の甘みが瞬時に広がるヤミツキテイスト。

しかも、国産のイチゴを通年使用しているため、期間限定ではなく一年を通して楽しめるレギュラーメニューとしての提供というから驚き。

トッピングの工程も目の前で見ることができるライブ感も、ここだから体験できること。ちなみに、近々抹茶ver.の「ドーナツメルト」も販売予定との情報も...!

「チーズタピオカ 宇治抹茶」680円(税別)

数多くあるドリンクメニューの中に、みんな大好きタピオカの存在を発見。しかも、通常のタピオカドリンクではなく、「チーズタピオカ」!
ロイヤルミルクティーやストロベリーミルクティーなど全6種あるのだけど、今回いただいたのは、宇治抹茶を使用した京仕様のもの。まろやかなチーズムースともっちりタピオカ、そこに抹茶のほのかな渋みをプラスすることで奥ゆかしさを演出。店内はもちろん、TO GOして街歩きのお供にしてもOK!

最後に店内を見守るかのように、壁面からひょっこり顔を覗かせるこちらの男性は、イラストレーター・長場雄さんによってデザインされたオリジナルキャラクター「ドーナツ博士」。

ドーナツを包む紙やTO GOカップ、オリジナルグッズにもバッチリ登場しているマストな存在で、今日もきっとゆるい顔して、ドーナツをフムフムと研究していることでしょう。

〈koe donuts(コエ ドーナツ)〉

■京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557番地京都松竹阪井座ビル1F
■8:00 ~ 20:00 不定休
■HP:https://donuts.koe.com
■Instagram:@koe_donuts

■前回の「こだわりの一杯、ここだけの一品を求めて嵯峨嵐山〈コーヒーショップヤマモト〉」はこちらから。
■『カフェ ノ ハナシ in KYOTO』まとめページはこちらから。

きょん

次回もお楽しみに。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る