【eスポーツ・ふぇぐ選手】シャドバ界のプリンスの名前の由来は…!?
2019.05.09

1172号『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【eスポーツ・ふぇぐ選手】シャドバ界のプリンスの名前の由来は…!?

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1172号から、eスポーツ・ふぇぐ選手。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

撮影時、パソコンの前に座るふぇぐ選手に、「1億円すごいですね。おめでとうございます」と声をかけると、「ありがとうございます。勝ちました」と、少し照れ臭そうに話す。
今回、『LOCKER ROOM』に登場してくれたeスポーツのふぇぐ選手は、対戦型オンライントレーディングカードゲーム『シャドウバース』(通称シャドバ)世界大会のチャンピオン。優勝賞金はなんと100万ドル(約1億1000万円)。使い道は、「いつか父親の会社でマンションを買う」そうだが、小さなご褒美として洋服のまとめ買いも。「物欲がなく、普段あまり買い物しないんですが、せっかくなので高いリュックを買いました。有名なブランドなんですけど…うーん、どこだったっけ?」と、頭を悩ます。「ルイ・ヴィトンとか?」と助け舟を出してみると、「そうです。ヴィトンです(笑)」とハニかむ。シャドバ以外への興味は薄いようで、ゲームに没頭していると、食事もゼリー飲料で済ませてしまう。「食に興味がなくて。でも、友達とお酒を飲むのは好きですよ。ハイボールとチャンジャがあれば幸せです(笑)」。その気取りのなさも好感度大!

ちなみに、“ふぇぐ”という名前の由来も気になるところ。だが、「本当にくだらないんです」と苦笑いのふぇぐ選手。「以前、ゲームで“FEG”というニックネームをつけたことがあって。ローマ字カッコいいじゃんって、中二病ですね(笑)。そしたら友達が“ふぇぐ”と言い出し、そのまま使ってるんですが…。ある大会に“ふぇぐ”として出場したら、優勝してしまい、名前を変えられなくなってしまった。まさか一生残る名前になるとは思ってもみなかったです」。1度聞いたら忘れない“ふぇぐ”という名前が世間を賑わす日も遠くないはず!

世界王者の素顔は物腰が柔らかなイマドキくん。ほっこりとした雰囲気に癒される!

Birthday:1994/5/27
Blood type:B
Height:168cm
Birthplace:TOKYO

ふぇぐ/よしもとLibalent所属。大学3年次に先輩に勧められ、『シャドウバース』を始める。昨年12月の『Shadowverse World Grand Prix 2018』では見事優勝し、賞金100万ドルを獲得。5月に新シーズンが開幕する『シャドウバース』のプロリーグでも活躍中。

(photo:Rie Odawara text & edit:Naoko Sekikawa)

■前回の【サッカー 鹿島アントラーズ・安部裕葵選手】はこちら。 
■連載トップはこちら。

編集部

「ふぇぐ」…一度聞いたら忘れない響きです!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る