春の京都旅行で見つけた美しいものたち。
2019.04.13

前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第36回~ 春の京都旅行で見つけた美しいものたち。

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第36回は春の京都で見つけた美しいものたちのお話です。

前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

4月に入りました。新しい元号も発表されて、年度も変わり、新しい毎日を過ごしている方々も多いと思います。息子も保育園でのクラスが一つ進級するので、節目になにか思い出になることを、と新しい日々がはじまる前に家族で京都を訪れてきました。梅の花が散り、桜が咲き始めた京都では、観光客も多く一年の中でもますます華やぐ季節を迎えていました。

〈青蓮院門跡〉では、大きなしだれ桜が、咲き始めていました。きっと、今週末、来週末はちょうど見頃になっていそうです♪

沈丁花の香りに誘われ入ったお部屋では、鮮やかな襖絵に出会いました。アーティスト木村英輝さんが手がけたもの。

私は花を眺めているときに”花の横顔”が素敵だなぁとうっとりすることがしばしばあるのですが、木村さんの作品の力強い描写の中にも、花の横顔にさりげない魅力が散りばめられていました。

寺町本店にオープンした〈UCHUwagashi〉さんにも訪れました。「人をわくわくさせたり幸せにする和菓子」をコンセプトに、京都から可愛いデザインの落雁などの和菓子を全国に発信しているUCHUさん。

昔ながらの落雁を、いまの時代にあったデザインに結び付けていて、まさにワクワクするお菓子でした。

新年度がはじまる息子が大きくなってきたので、たくさんの綺麗な風景や美しいものに触れさせたい!との思いから選んだ京都の旅。たくさんの花や、アート、デザインに出会えて大満足のひとときでした。週末旅行を検討中の方は、京都もぜひ候補にいれてみてくださいね。”美しいもの”にたくさん出会える旅になるはず。

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

前田 有紀

次回は4月13日(土)にお届けします。お楽しみに!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る