働く女子の愛用品。卒業旅行で訪れたフランスで買った〈ロンシャン〉のバッグ/弁護士秘書・豊永英理さん
2019.04.03

ハナコラボメンバーに聞いた! 働く女子の愛用品。卒業旅行で訪れたフランスで買った〈ロンシャン〉のバッグ/弁護士秘書・豊永英理さん

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、東京で働くハナコラボたちの、四六時中身につけている愛用品をご紹介。第1回目は弁護士秘書として働く豊永英理さんにお話を聞きました。

大場桃果 / エディター・ライター

「1994年生まれ。幼い頃からとにかくピンクが好きで、気分を高めてくれる愛用 品はほとんどピンク一色。」

大場桃果
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

本日、愛用品を紹介してくれるハナコラボメンバー

名前:豊永英理さん
職業:弁護士秘書
年齢:24歳

ふだんは都内で忙しく働き、休みの日には旅行へ。

弁護士の秘書として活躍する豊永英理さん。旅行が趣味で年に1回は必ず海外を訪れているらしく、特にお気に入りのスポットは、パラオと北海道だそう。今回持ってきてもらったアイテムにも、旅先での大切な思い出が詰まっているのだとか。

旅先のパリで出合ったお気に入りのバッグ。

「この〈ロンシャン〉のバッグは、大学の卒業記念に母と訪れたパリの百貨店〈プランタン〉で買いました。仕事の日は暗い色の服を着ることが多いので、コーディネートの差し色として映える、鮮やかなレッドがお気に入り。無事に大学を卒業できたことや、母と一緒にフランスに行けたことがうれしくて、今でも買った日のことをよく覚えています」

仕事のある日はもちろん、プライベートでも愛用。見た目よりもたっぷり荷物が入り、コンパクトに折りたたむこともできるので、小旅行にも重宝しているそう。「ゴールデンウィークや夏休みにこのバッグと一緒にどこへ行こうかと、今からとてもワクワクしています!」

大場桃果

赤のバッグが豊永さんの笑顔にとてもよく似合っていました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る