ひと足早い「おうちお花見」が叶う!魅力的なお花がつく枝物で、春の準備。
2019.03.09

前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第34回~ ひと足早い「おうちお花見」が叶う!魅力的なお花がつく枝物で、春の準備。

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第34回は、魅力的なお花がつく梅、桜、ミツマタなど春の枝物のお話です。

前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

春の花が続々と咲き始めている今週。

私の住んでいる鎌倉では、梅の花が見ごろを迎えています。“梅の街”と言ってもいいほど、多くのお寺やお家の庭に梅が植えられているので、この時期になるとぐんと風情のある佇まいを楽しむことができます。

春の枝物のお花には、魅力的なお花がたくさんあります。

今週自宅では、ミツマタの枝を楽しんでいました。ほんのりと甘い香りが漂うのは、ジンチョウゲ科の花だから。三つ又に分かれた枝の先に黄色い花を咲かせるのですが、枝が三方向に伸びる様や、ユニークな咲き方にも魅了されています。少し柔らかいミツマタの皮は、和紙の原料にもなっているそうですよ!

そして、ここからはなんといっても桜がきれいな季節です。鎌倉でみかける木々も日に日につぼみが大きくなってきて、期待感が増してきますが、お花屋さんでは一足先に色々な桜を仕入れてきて、春気分を盛り上げています。桜は繊細な印象とはうらはらにとても生命力の強い枝物なので、一番上まで蕾が咲き、そのあとに可愛く芽吹いて葉をつけます。

日々、お水を替えたり、切り戻したりすることで、ぐんと長く楽しめるので、週末にお部屋で飾って、一足早くお花見気分を楽しんでください。

ちなみに先週末は、ハナコラボさんの企画でミモザのワークショップがありました!花に触れて制作を楽しんだあとは、一緒にランチをしながら、それぞれの近況を話したりする女子会に。普段ゆっくりランチタイムをとることの少ない私にとって久々に”女子トーク”を楽しむひと時でした。4月26日(土)発売号の「ハナコラボジャーナル」でもその様子を掲載する予定なので楽しみにしていてくださいね!

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

前田 有紀

次回は3月23日(土)にお届けします。お楽しみに!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る