甘いものが苦手な方へもおすすめ!パティスリー〈トレカルム〉の塩系スイーツギフト5選
2019.02.08

Hanakoスイーツ調査隊 vol.33 甘いものが苦手な方へもおすすめ!パティスリー〈トレカルム〉の塩系スイーツギフト5選

Hanako本誌で毎号紹介しているスイーツのページから、最新ニュースをお届けしています。ニューオープンやリニューアル、ウワサのアイテムなど、甘いお菓子の情報をお楽しみに!今回は、スイーツOLなりさんが、スパイス使いが巧みなパティスリー〈トレカルム〉のお菓子をお届けします。

スイーツOLなり / ライター

「帰国子女、東京大学大学院理系卒、金融関連企業OL。大学在学中スイーツに目覚め、ブログを開始。特に焼き菓子とチョコレートが好み。」

スイーツOLなり
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

スパイスやハーブの使い方が巧み!

1月28日(月)発売の1169号「チョコレートと冬の男。」はたくさんチョコが出てきて幸せですが、甘いものが苦手な方へのギフトも押さえましょう。「あまい乙女」のタイトルに反するようですが、塩系ギフトをご紹介。〈トレカルム〉は、スパイス使いが巧みなパティスリー。スイーツ好きの間では、ケーキの入れ替えサイクルが早いことでも話題です。

「モンブラン」520円。メレンゲの下にマロンペースト、カシスとブラックベリーのムース入り。

パティシエの木村忠彦さんは栗嫌いで、自身でも食べられるモンブランを開発。和栗の味を主張したモンブランが流行する中、香ばしいコーヒーとくるみのメレンゲをこれでもかとマロンクリームにはりつけ、味も見た目も固定観念を覆されます。

「マジェストゥ」600円。カモミール入りモンブラン。ティムットペッパーがかけられスパイシー。

期間限定の「マジェストゥ」も、トンガリ帽子のような形のモンブラン。

「ノアダカシュ エルブ」800円。

ほかにも"パティシエが作るおつまみ"をテーマに、燻製風味の「ノアダカシュフュメ」、ハーブを使った「ノアダカシュエルブ」などのナッツや、パイ生地の「フュイテ・フロマージュ」といった焼き菓子もあり、白ワインやビールにも合いそう!お酒と一緒に渡してもいいですね。クグロフやフルーツのデニッシュなど、パン系もおすすめです。

カシューナッツにセージ、タイム、フェンネルなどで風味づけした。
「ノアダカシュ フュメ」800円。
燻製したカシューナッツに黒胡椒をまとわせた焼き菓子。
「フュイテ・ フロマージュ」500円。
パルメザンチーズとエダムチーズを入れて焼き上げた、塩系のパイ。
常時20種ほどのケーキが並び、そのうち約半分は3カ月程度のサイクルで入れ替えられる。

〈パティスリー トレカルム〉
■東京都文京区千石4-40-25 
■03-3946-0271
■10:30~20:00 不定休
■10席
■禁煙

(Hanako1169号掲載/photo:Natsumi Kakuto text : Chihiro Kurimoto)

スイーツOLなり

他とは違うモンブラン、食べなきゃ!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る