1月〜2月はお花のゴールデンタイム!玄関もいい香りになる早春のお花とは?
2019.01.12

前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第30回~ 1月〜2月はお花のゴールデンタイム!玄関もいい香りになる早春のお花とは?

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第30回は早春の訪れを知らせてくれる、香り豊かなお花をご紹介します。

前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

2019年がスタートしました。お正月休みはみなさんはどのように過ごしていますか?私は住まいのある鎌倉で、ただただのんびり過ごしていました。

家族でお参りにいったり、料理したり、原っぱで遊んだり、友人家族を家に呼んで新年会をしたり。去年5月に会社を設立して、9月に〈gui〉というフラワーブランドを立ち上げ、仕事のことを考えない日はないくらい慌ただしい去年でしたが、一旦仕事のことはすべて忘れてのんびりすることでとてもいいリフレッシュになりました!

改めて”お休み”を満喫することの素晴らしさを実感したので、このコラムでも「週末を楽しく満喫できるようなお花のこと」をご紹介できたらいいなと思います。時々鎌倉おでかけ情報もちょこちょこ載せていきたいです。

さて、花の世界ではすっかり春らんまん、花のゴールデンタイムを迎えています。特に早春のお花は、1月〜2月はとても多く出回り、目を楽しませてくれながらも、香りでさらに幸せな気分になれる特別な時期。一番のおすすめは早春のお花の王道「水仙」です。

スイートピーもいまは絶妙な色合いのものからビビットなカラーまで、本当にたくさんの種類を手にすることができます。

その他にもヒヤシンスや香りのあるチューリップ、ダマスクモダンのバラの香りなど、春を代表するお花の甘い香りを楽しめるお花がたくさんあるので、この3連休のおでかけ帰りに、近くのお花屋さんに立ち寄ってみてくださいね。

また、香りのよいお花はさほど長持ちしない特徴があるので、玄関など暖房のない涼しいスペースに飾るのがオススメです。自宅のドアを開けたときに花の香りに包まれるのもすごく嬉しいですよ!

お知らせ

来週1月18日(金)より、表参道ヒルズの同潤館3階〈表参道ROCKET〉にて、私がプロデュースする花の展示会「色を纏う花展」を開催します。
期間中毎日ワークショップも開催するのですが、20日(日)には、春のお花が楽しめるブーケやアレンジメントのワークショップを開催します。ぜひ遊びにきてください。気になる方はguiウェブサイトへ。
guiウェブサイト

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

前田 有紀

次回は1月26日(土)にお届けします。お楽しみに!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る