スペイン・バルセロナへ!鬼才ダリ散歩。
2018.10.28

ハナコラボ日記/本山順子の東京さんぽ道 第15回 スペイン・バルセロナへ!鬼才ダリ散歩。

第15回目のお散歩はイタリアを離れてスペインへ!ご飯も街も人も全てが素敵なスペイン!スペインといえばやはりガウディの建築群ですよね!ですが今回はガウディの建築だけでは無い、スペインのバルセロナの街の魅力を紹介してまいりたいと思います♪それでは早速行ってまいりましょ~う!

本山順子 / ハナコラボ

「モデル、クリエイター。文化服装学院卒。イラストやぬいぐるみを制作、 様々なブランドとコラボレーションし、洋服などを発表。Instagram@junkomotoyama」

本山順子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

こちらは「カサ・バトリョ」。ガウディの建築だけでは無いっ!と言いながら最初からガウディの建築ですが…笑。バルセロナの宿泊先の目の前の道には「カサ・ミラ」や「カサ・バトリョ」がずらりと立ち並んでいます。街を歩けばガウディの建築物に当たるくらいあります。夜はピンク色にライトアップされていてとっても可愛らしいです♪

スペイン1日目は1日使ってちょっと遠出してみました。バルセロナから特急電車で一時間くらいの「Figueres Vilafant駅」へ。駅前に素敵なロケーションの噴水を見つけました。イタリアとはまた違った日差しの強さで、日中はサングラスがないとまともに前が見えません。笑。歩いて20分くらいで到着するのは…。

〈ダリ劇場美術館〉!美術館に着く前から街全体にダリの世界観が広がっています♪ストリートアートもかっこよくておしゃれなものばかり!街を歩くだけでもアートに触れることができるのもスペインの素晴らしさのひとつ。

ダリ劇場美術館の予約時間まで少し時間が空いたので、併設されているダリ宝石美術館に立ち寄ることにしました◎こちらにはダリ最愛の妻、ガラに向けて作ったジュエリーがずらり。ダリからガラへの気持ちがギュギュギュっと詰まっていて、微笑ましくも燃え上がるような情熱を感じることができます。ガラのことが大好き!って気持ちでいっぱいでニコニコしてしまいます。

そして、驚くべきはデザイン画の素晴らしさ!デザイン画も一つの作品になってしまうんですね~。

こちらは動画が載せられなくて非常に残念なのですが、動くジュエリー!心臓が脈を打つように細やかに動いていてびっくり!文字通り心が動く作品に驚嘆いたしました!

いよいよダリ劇場美術館の中へ!円形状の中にはユニークな作品。そしてその作品数に驚かされます。

中でも私がダリってすっごいや!って思わされた作品は、ダリと妻のガラが天井画を見上げる(?)天井画。ミューズであり続けるガラと妻を愛するパワーがみなぎっていて素晴らしくも心が温まるお部屋。詳しい解説などはできませんが、故人になっても作品は生き続けるんだなぁって強く感じる作品でした。

他にも、レンズを覗くと人のお顔になるお部屋などなど。美術館全体を通して感じられたのが、ダリのおもてなしの気持ち。どの作品も何かしらのユーモアや仕掛けがあって、本当に人のことが大好きな方だったんだなぁと感じさせられました。今までダリのことは不勉強すぎて、「あーシュルレアリズムの時計の人ね。ヒゲの方。」ってくらいにしか認識がなかったのですが、そのホスピタリティの高さにすっかり大ファンになってしまうほどのとっても良い展示でした。

帰りの電車の窓からはのどかな景色が広がっていて、脳や五感をたくさん使ったのかまったり眺めているうちにすっかり眠ってしまっていました。(すごく危ないのですが…笑)

何箇所かご紹介しようと思っていたのですが、ダリ劇場美術館大特集になってしまいました!笑。でもそれだけのエネルギーとカオスが渦巻いていて私自身もものすごいエネルギーをもらいました。最高の芸術家であり最高のエンターテイナー。今ではバルセロナに行くよ!って方がいたら絶対にお勧めするスポットになりました♪スペインはまだまだお伝えしたいスポットがたくさん!何回かに分けてご紹介させていただければと思っております。ではでは、皆様も良いお散歩を~♪

本山順子

次回はガウディの師匠にあたる方の作品をご紹介していきます~♪

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る