フレッシュマンゴーがモリモリの「神かき氷」を求めて。From Tainan
2018.08.03

かき氷にもデカ盛りの世界があるなんて! フレッシュマンゴーがモリモリの「神かき氷」を求めて。From Tainan

今年は暑いですね!そんな時に恋しくなるのが「かき氷」。アジアにはその国ごとのかき氷があり、台湾はほんのり甘く炊いた豆やピーナツを乗せたり季節のフルーツを乗せたりした「かき氷」が年中楽しめる場所だ。特に春から夏にかけてはマンゴーの季節を迎えるが、台南には「これでもか!」とマンゴーが盛られた季節限定のかき氷を出すお店があるらしい。その実態を把握するために新幹線で南へと向かってみた。

youmei / Hanako編集部

「アジアの映画、ドラマ好きがこうじてアジアを旅するように。ギンギンに冷えた映画館でニヤニヤしながら台湾映画を観るのが至福の時。好きな監督はニュウ・チェンザー。」

youmei
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

超メガ盛りといえばここです!

古い町並みと古い家を改装したカフェ、そして独特の食文化があり、台南は週末には台北からの人たちで賑わう。日本人はノスタルジックを求めて喫茶店へと足繁く通うが、台湾ではなつかしさを求め「台南」へと旅に出る。週末の高鐵(台湾新幹線)のチケットも前もって購入しておかないと帰りのチケットがない!なんてこともよくあるほど。古い町並みなど、数々の見どころがあるけれど、中でも今、絶対、行っておきたいのは「超デカ盛」かき氷の〈冰鄉水果店>だろう。

カゴいっぱいのマンゴーが並んだ狭い入り口をぐいぐい入っていくと、中庭一面にテーブルが並ぶ。みんなスプーンを持ってニコニコ顔で向かい合うは、どんぶりに入った超特大マンゴーかき氷。台南産の上質なマンゴーを使用しているのがこのお店の自慢だ。マンゴーだけではない、〈冰鄉〉の「季節のフルーツのかき氷」はどれも大盛りなことで有名。特にマンゴーが有名で、その大きさといえば写真の通り。日本人の私なら1杯でしっかり一年分の分量かもと思えるほどだ。

冬には「デカ盛り」がイチゴにとって変わる。上質な練乳をいっぱいかけていただこう。一体どれくらいのイチゴが入っているのか、お店のおじさんに聞いてみたら「1パックぐらい」との回答だが、おそらく2パックはあると思えるほど、お皿全面がイチゴで染まる。かき氷は2〜3人で「せーの」でスプーンですくって食べるのが地元のお作法。なんだか学生時代に戻った気分になってしまいます。「いちごミルク」120元。


〈冰鄉水果店〉
■700台南市中西區民生路一段160號
■06-223-4427
■12:00〜21:00
■不定休

台南かき氷といえば、プリンでしょ。

かき氷の上にプリンをトッピング。最初はめずらしいなと思った光景だけど、台南では結構みるスタイルだ。プリンはいずれも硬く蒸しあがった「なつかし系」のカスタードプリン。かき氷の上にポンと盛られて登場する。問題はこれをいつ食べるかだ。ついつい食べ終わる時にまでお皿の上に置いておくと、その重みでずんずん沈んでいく。写真は〈祐成水果店〉のフルーツかき氷。自家製のプリンを出すお店も多いので、お店ごとに食べ比べてみてるのも楽しい。「フルーツ氷」150元、プリンは30元。


〈祐成水果店〉
■台南市民生路一段122號
■06-229-6196
■12:00〜03:00
■不定休

日本人の憧れといえば。

日本人の憧れのくだもの、それはメロン。台湾ではホテルの朝食に年中出ていることも多く、われわれほど思い入れがないようだ。けれどこのお店の「メロン」は別格?のよう。なにしろメロン半分が独り占めできるから。〈泰成水果店〉は自家製シャーベットを乗せたメロンアイスが大人気。アイスの下にはフレッシュな果肉がみっちり。こどもも大人もみんなこぞってメロンアイスを注文する。お店のディスプレイも手書きのメニューも独自の世界観があって、ほんとうに最高!な場所だ。「メロンといちごシャーベット」220元。


〈泰成水果店〉
■台南市中西區正興街80號
■06-222-2222
■14:30〜22:30
■不定休

かき氷やフルーツ屋さんをはしごしているだけでお腹がいっぱいだけど、台南は夜市も必見だ。夕暮れとともにエビご飯や担々麺、そして牛肉スープなど、地元の名物ごはんを並べる屋台でにぎわう。1軒で終わらせずに、エビご飯を食べたら次は牛肉スープ、締めのデザートはここといった具合にこだわりの店をホッピングしよう。こんな具合にまったりのんびりと夜は更けていく。今もまだ、夕日を見るたびに懐かしくなる。また行かなきゃね、太っ腹なフルーツ天国、台南に。


(photo:Norio Kidera)

youmei

台南はかき氷のパラダイス!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る