新緑に季節ぴったり。「紫陽花」のおすすめカラーとアレンジとは?
2018.05.26

前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第15回~ 新緑に季節ぴったり。「紫陽花」のおすすめカラーとアレンジとは?

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第15回は、新緑の季節にぴったりな紫陽花のアレンジ方法をご紹介します。

前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

初夏の始まりと言えば、紫陽花の季節ですね!紫陽花が好き!という方も本当にたくさんいらっしゃると思いますが、私も毎年仕事でこの時期はたくさんの紫陽花を花材として使っています。装飾やブーケ制作などに欠かせなくて、紫陽花とととに様々なお仕事を進めています。

様々な色が出回るこの季節ですが、一番おすすめなのは、明るいグリーンの紫陽花。大きくて存在感のある紫陽花ですが、グリーン系は他の花との相性もよく、新緑の季節にぴったりの爽やかな世界観を表現できます。

そして、生花で楽しんだあとは、そのまま吊るしてドライフラワーとしてもぜひ楽しんでもらいたいです。はっきりした色のパープルやブルーの紫陽花よりも、グリーンやアンティークっぽい色合いの紫陽花の方がドライフラワーになりやすいです。一輪でも金額の高いものもとても多いのですが、ドライフラワーになっても楽しめる品種を選んで、長く飾っていられたらいいですね。

そして、私が住んでいる町、鎌倉でも紫陽花の季節は、一年の中でもとてもたくさんの人が訪れる時期として有名です。我が家の周りでも紫陽花が少しずつ咲き始めています。まだまだ見頃は少し先だと思いますが、街を歩いていると、すでに観光の方が増えてきたなぁと実感しています。

お寺とつながっている山道のハイキングにも気持ちの良い季節なので、週末に古都の風景の中で佇む美しい紫陽花をぜひ見にいらしてください。Hanako.Tokyoさんでもステキなカフェやレストランなどの記事がたくさんあるので、そちらもオススメです!

それでは、みなさま、ご家族でよい週末をお過ごし下さい!

前田 有紀

次回は6月9日(土)にお届けします。お楽しみに!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る