【サッカー 江坂任選手】クールなイメージとは真逆のフレンドリーさにギャップ萌え!?
2018.03.30

1153号『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【サッカー 江坂任選手】クールなイメージとは真逆のフレンドリーさにギャップ萌え!?

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1153号から、サッカー界の人気者、江坂 任選手。前回のスポーツクライミング 緒方良行選手はこちら。連載トップはこちら

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

 

今回、『LOCKER ROOM』にご登場いただいた江坂任選手は兵庫県出身。インタビュー中には時折、関西弁のイントネーションがまじり、関西弁好きにはたまりません♡

「敬語やったらあんまりわかんないと思うんですけど…。出てます? 標準語をうまくしゃべれなくて、標準語をしゃべると変に物腰がやわらかく響いちゃうんですよ(笑)。『だよねー』みたいな。ただ、こっちに来て8年目にもなると、地元に帰ったとき、気づかないうちに標準語が出ていることもある。それを友達にツッコまれるのがめっちゃハズいんですよね(笑)」

端正なマスクで、一見、近寄りがたい印象もあるが、どんな質問にもざっくばらんに答えてくれる気さくな青年。「『しゃべらなそう』ってめっちゃ言われるんですよね。たしかに人見知りではあるんですけど、しゃべるのは好きですよ。ただ(テレビ)カメラは苦手だから、メディアで俺を見てる人は、全然しゃべらん人って思ってるかも…」

本誌の取材終了後、ホームゲーム来場者へのプレゼント用色紙にサインを書く姿も目撃。ふと、ファンの方のツイッターにあった“江坂選手のファンサは神対応”の言葉を思い出し、聞いてみると、「マジですか? うれしい! しゃべらへんって思われてるから、実際会うと案外しゃべるなって思って、よく見えるのかな(笑)」と大笑い。このまぶしい笑顔とノリのいい対応、会えばきっと好きになっちゃう!

Birthday 1992/5/31
Blood type B
Height 175cm
Birthplace HYOGO

えさか・あたる/ポジションはMF。5歳の頃、サッカーを始める。流通経済大学時代には全日本大学サッカー選手権で優勝。2015年、ザスパクサツ群馬に入団し、16年、大宮アルディージャに加入。今シーズンより柏レイソルに完全移籍。背番号10。

photo:Yasunori Yamamoto(GIG)
text&edit:Naoko Sekikawa

編集部

インタビュー中は身振り手振りで。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る