北海道の「山わさび」、知っていますか?さわやかな辛味が、お肉との相性がばっちりなんです。
2018.01.14

もっと!「日本の美味しさ簡単レシピ」 北海道の「山わさび」、知っていますか?さわやかな辛味が、お肉との相性がばっちりなんです。

旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?その1品、ぱぱっとひと手間加えるだけで、きちんとしたひと皿になるんです。料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載を、より詳しく、コツやポイントとともに紹介します。今回は口尾麻美さんが北海道でおなじみの「山わさび」をアレンジしました。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

九皿目 口尾麻美さん×山わさび さわやかな辛味が後をひく、牛肉とりんごの山わさび和え。

こちらの「山わさび」は、緑ではなく、白。ローストビーフなどを買うと付いてくる、あのホースラディッシュと同じもの。実は、北海道では山に自生もしているが、普段は畑で栽培されたものが購入できる。「すりおろしたものに醤油などで味をつけた瓶詰めが北海道ではおなじみ。しっかり味なので、今回はそれを生かして牛肉と合わせました」と、口尾さん。地元ではジンギスカンに添えたりするほか、そのままごはんにのせて食べたりも。

▶まずは、材料の下準備をします。

今回もすごくカンタン!まずは、牛肉に軽く火を通して山わさびと和えるだけ。

▶牛肉はお湯にさっとくぐらせて火を通す。

牛肉の薄切りはしゃぶしゃぶの要領で火を通したら冷水に。あとは、しっかり水気を切っておく。

▶りんごは千切りにして塩水に。

りんごは口当たりのよいサイズ、千切りにして色が変わらぬよう塩水につける。「このとき皮をつけたまま千切りにすると彩りにもなります」と、口尾さん。

▶オリーブオイルも加えて、牛肉とりんご、山わさびを和える。

あとは和えるだけ!

▶さわかな辛味がからんだ牛肉と、しゃりしゃり甘いりんご!

柔らかな肉の食感と甘くしゃりしゃりしたりんごは本当によく合う!そこにオリーブオイルの風味と、山わさびのさわやかな辛味が加わるのだから、おいしいに決まってます。「さっぱりさせたかったら、レモン汁をしぼっても。ここに葉野菜やハーブを加えると、サラダ感覚でボリュームあるひと皿になります」と、口尾さん。しゃぶしゃぶして、牛肉でりんごを巻いてわさびを添え、海苔で巻いてもおいしいとのこと。さわやかな辛味があとひくので、お酒のおともにぴったり。

今回使用したのはこちら

【雪わさび】

北海道産の山わさびをするおろし、醤油風味に味付け。ステーキやハンバーグといった肉料理にはもちろん、鮭やししゃもといった焼き魚とも相性よし。刺身と和えても美味。「えぞ山 雪わさび」170g 715円。■お問い合わせ:北海道どさんこプラザ有楽町店tel03-5224-3800

今回のレシピはこちら

【牛肉とりんごの山わさびあえ】

材料(2〜3人分)
牛肉(しゃぶしゃぶ用など)……200g
りんご………………………………1/4個
山わさび……………………………小さじ2〜3
※お好みで加減して下さい。
オリーブオイル……………………大さじ1

作り方
1. 鍋に湯を沸かし、牛肉をさっとくぐらせ、冷水にとり、水気を切る。りんごは千切りにして塩水に漬けてから水気を切る。
2. ボウルに1の牛肉、りんご、山わさび、オリーオイルを入れ、和えてできあがり。

レシピを教えてくれたのは……

【口尾麻美】

くちお・あさみ/料理研究家、フォトエッセイストとして旅先で出合った料理や食文化を紹介。著書に『旅するリトアニア』『トルコのパンと粉ものとスープ』など。台湾の「大同電鍋」を使ったレシピ本『はじめまして 電鍋レシピ 台湾からきた万能電気釜でつくる おいしい料理と旅の話』を刊行したばかり。

photo:Jun Kato

編集部

次回は1月28日更新となります。お楽しみに!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る