フェイバリットなホテルで過ごす、新年のスペシャルな贅沢。
2018.01.07

ハナコラボ日記/前田紀至子のいつかの旅のはなし 第6回 フェイバリットなホテルで過ごす、新年のスペシャルな贅沢。

日々国内外を旅している前田紀至子による、週末旅から長期旅行まで淑女らしく旅を愉しむためのトラベルガイド。今回は、大好きなホテルであるパーク ハイアット東京にて、スパトリートメント&アフタヌーンティーのラグジュアリーなおこもりステイを満喫してきました。

☆第1回京都・嵐山 星のや京都はコチラ!
☆第2回フレンチ キッチン 「グランド ウィークエンド ブランチ」はコチラ!
☆第3回異国情緒溢れるマカオ巡りはコチラ!
☆第4回熱田神宮&名古屋スイーツはコチラ!
☆第5回小籠包とパワースポットを求める台北旅はコチラ!
☆ハナコラボ日記一覧はコチラ!

前田 紀至子 / ハナコラボ#014

「美容や旅をメインにさまざまなメディアで執筆するライター。Instagramでは旅先での情報がぎゅっと詰まったリアルタイムなポスト、#前田紀至子世界の旅 が好評。」

前田 紀至子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

憧れのクラブ オン ザ パークで夢見心地のスパ体験を

今回訪れたのは、「パーク シエスタ」というデイスパのコース。その名の通り都会の喧騒を離れたプライベートな空間で過ごす、日常における究極の非日常。

まずは〈クラブ オン ザ パーク〉の45階スパ施設で、トリートメント前後に1時間利用出来るジャグジーやスチームサウナ、ドライサウナなど存分に堪能を。今巷で大流行中のサウナも3種類と理想的なラインナップで、思わずずっとここに居たくなるほど。
スパ施設から上がったら、バスローブを羽織って、いざスパトリートメントへ!

美容先進国ハンガリーで誕生したスパブランド、「オモロヴィッツァ」のスキンケアプロダクトによる90分のコースは、香りもトリートメント内容もテクニックもパーフェクト。リラクゼーションを大前提としながらも、角質、くすみ、むくみやコリといった悩みにもアプローチしてくれる充実の内容は、「今までの人生で一番気持ち良い施術かも!」という嬉しい衝撃。

「寝ては勿体ない……」と思ってはいたものの、あまりの心地よさにすっかり意識が遠のいてしまい、気がつけばすべての施術が終了。呆然としながらも鏡を見ると、別人のように顔色が良くなって、目鼻立ちもすっきり。これは感激せずにはいられません。気持ち良くて格段に綺麗になれる。これぞスパの醍醐味と、幸せを噛み締めながらお茶を頂き、ほっと一息。

特に気に入ったアイテムに関して詳しくご説明頂き、その場で購入することも可能。私はハンガリー温泉水を配合した化粧水、「クイーン オブ ハンガリーミスト」をプライベートで通っているジム用として使用することに。これで普段の生活も少しだけ特別に過ごせそう。

トリートメント後に待っているのは、最高のアフタヌーンティー!

メイク直しなどの支度を終えたら、41階の〈ピーク ラウンジ〉へ。そう、このデイスパオファーの凄いところは、スパの後にも更なるリラックスタイムが待ち構えているという隙無き幸福。穏やかに流れる時の中で、シグネチャーアフタヌーンティーをいただきます。

見目麗しいサンドウィッチやプティスイーツとともに頂く20種以上の紅茶、コーヒー、日本茶なども種類をまたいで、おかわり自由。

スタンドのアフタヌーンティーだけでは無く、テーブルに運ばれるプラッターも好きなものを好きなだけ。甘いものをたくさん食べて、塩気が欲しくなったりもするのでこれは嬉しい!

もちろん、スイーツも運ばれてきます。品の良い甘さなので、延々に食べ続けられそう。

心身ともにすっきりしたコンディションで頂くアフタヌーンティーほど、おいしくて幸せに感じるものってそう無いかも。そんなことをつくづく考えているうちに、ゆったりと日が暮れてゆく、極上の午後なのでした。

普段は宿泊者とクラブ会員だけが利用できるエクスクルーシブな空間でのスパトリートメントと洗練されたアフタヌーンティー。その二つが一気に愉しめる「パーク シエスタ」は、新しい年の始まりに御誂え向きの特別な一日を約束してくれるはず。今年一年を頑張るためにも、自分へのお年玉として利用してみては?


<ご予約・お問い合わせ>
クラブ オン ザ パーク
☎︎ 03-5323-3434 (午前6時~午後10時)
詳細はホテルHPからご確認ください。
ホテルHP

前田 紀至子

女友達と二人での利用や、プレゼントとして差し上げるのも素敵!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る