10年後も使っている(いたい)と思える文房具。
2017.10.26

スタイリスト長坂磨莉の「HELLO!GOOD THINGS」vol.4 10年後も使っている(いたい)と思える文房具。

それぞれに役割を持った文房具。

作業をスムーズに気持ちよく進めるためにも
実際に使って、自分の中のこれがいい。を、永く使っていきたいものです。

☆連載記事一覧はこちらから。

長坂 磨莉 / スタイリスト

「山道具を揃えていきたいです。」

長坂 磨莉

美しいつくり。考えられた加工。

「STACKING TRAY」9500円

紙類をざっと入れても、トレイのきちんと感のおかげで、片付いて見えます。底板と天面の木口が斜めにカットされていて、スタッキングしていても引き出しのように前にも後ろにも動かせます。カセット入れにもちょうどぴったりで、うれしいです。(PAPIER LABO.)

どんなデスクにも溶け込む、卓上カレンダー。

「CALENDAR STAND」2500円
「2018 DESKTOP CALENDAR」900円

〈PAPIER LABO.〉の活版で印刷されたカレンダー。シンプルで見やすく、大きさがちょうどいいのです。
(PAPIER LABO.)

毎日持ち歩く、ボールペンとシャープペン。

「クリックゴールド」(ボールペン)各150円
「プレスマン MPS-200」(シャープペン)200円

〈BIC〉のボールペン。書き味以上に、見た目がすきです。
(six)

1978年に速記士や記者など筆記のプロ向けに開発されたシャープペン。芯は0.9mm、2Bと太めで濃く、流れるように書けて、気分がよいです。プラチナ万年筆 お客様相談係 TEL:0120-875-760

切れ味は別格。と思っています。

「スーパーシザーズ 13cm」3,800円

ドイツのステーショナリーブランド〈DAHLE〉のはさみ。先端が尖っているので、細かい作業にも重宝しています。(リビングモティーフ)

取り出すと、ほっとするメジャー。

「メジャー」850円

パソコン上やカタログ商品のサイズ感を確かめるのに取り出す、メジャー。一目惚れでした。赤い家もありました。
(six)

これがないと、いろいろ忘れます。

「リーガルスティッキーロールメモ バーチカル」1000円

〈伊東屋〉の好きな長さでカットできる、全面のりのロール付箋。1日のto doリストを書いて、手帳に貼っています。
(銀座・伊東屋)

長坂 磨莉

万年筆は、まだしっくりくるものに出会っていないので、いろいろ試してみようと思います。

TOPに戻る