繊細な夏スイーツを蔵前の〈PATISSERE FOBS〉で。
2017.08.23

下町散策の途中に絶品グラニテを。スイーツ調査隊 その7 繊細な夏スイーツを蔵前の〈PATISSERE FOBS〉で。

Hanako本誌で毎号紹介しているスイーツのページから、最新ニュースをお届けしています。ニューオープンやリニューアル、ウワサのアイテムなど、甘いお菓子の情報をお楽しみに!

久冨 俊裕 / Hanako編集部

「エディター。スイーツ担当。」

久冨 俊裕
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

Granité Mango Passion「グラニテ マンゴーパッション」
イートインはこのグラスで。パッションフルーツの種がアクセント。600円。


昨年10月に蔵前にオープンしたこちら。もっちりしたゴーフルで人気だが、夏のラインナップもなかなか秀逸。
まずはテイクアウトもOKのグラニテ。グリオットチェリー、ピンクグレープフルーツ、マンゴーパッションの3種の氷菓がラインナップ。グラスの底にはミントのジュレがあり、つるんとした喉越しと爽やかな香りが食べ終わりに。また桃のグラススイーツ「ペッシュ ヴェルヴェンヌ」は、桃のムース、レモンバーベナと白ワインベースのゼリー、赤桃のゼリーが3層を成し、甘さと酸味を絶妙なバランスで重ねる。
聞けば安井義則シェフがお菓子の世界に入ったのは28歳。あえて製菓学校には行かずに日本とフランスのパティスリーやレストランで経験を積んだ。「お菓子を始める前は瓦葺き職人だったんです。どちらも緻密な計算が肝心。共通点が多かった(笑)」
店の表にはかき氷マークの旗がヒラヒラと。洋菓子店でありながら下町情緒を盛り上げてくれるところもナイスです。

Granité Pink Grapefruit「グラニテ ピンクグレープフルーツ」
新鮮なグレープフルーツを使用。果肉入りで清涼感バツグン。600円。

Granité Griotte Cherry「グラニテ グリオットチェリー」
酸味のあるグリオットチェリーを甘酸っぱい氷菓に仕上げている。600円。

Pêche Verveine「ペッシュ ヴェルヴェンヌ」
赤スグリや桃のコンポートも入った夏らしいグラススイーツ。500円。

Mango Shortcake「マンゴー ショートケーキ」
クリームの層にも果実がゴロゴロと使われ、食べごたえあり。490円。

パティスリー フォブス
〈PATISSERIE FOBS〉
浅草からも歩いて行くことができる距離。下町散策の後にぜひ。
■東京都台東区寿3-8-4
■03-6231-7720 
■10:00~20:00(日祝~18:00) 水休(不定期火休) 
■4席 禁煙

久冨 俊裕

近所には〈ダンデライオン ・チョコレート〉や〈LEAV ES COFFEE〉、ハンバーガ ーの〈マクレーン〉なども。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る