渋谷・道玄坂の脇道にある〈福田屋〉で濃厚納豆そばを。そばと納豆の意外な組み合わせに舌鼓!
2020.01.16

なっとう娘の「ねばログ」第41回 渋谷・道玄坂の脇道にある〈福田屋〉で濃厚納豆そばを。そばと納豆の意外な組み合わせに舌鼓!

鈴木真由子24歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください♪ 今回は渋谷にある〈福田屋〉を訪れました。

鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「1995年生まれ。新卒フリーランス。横浜出身。〈17LIVE〉認証ライバー。納豆を通して多種多様な人とつながり、納豆に関するイベントやサービスを作りながら活動中。活動の詳細はこちら。」

鈴木真由子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

落ち着いた雰囲気が漂う「福田屋」@渋谷

今回のお店は渋谷が舞台!渋谷駅東横線駅から徒歩8分ほどのところにある〈福田屋〉。

道玄坂の脇道に位置するお店。周りは肉バルやファストフード店が多い中、どこか落ち着いた雰囲気を放つ店構え。

席につき、早速メニューを広げる。冷やしの「納豆そば」を見つけた。早速注文しようとすると…

なんと、次のページに「あつ納豆そば」があるではないか...これはどちらにしようかと悩みつつ、今回は冷やしでいくことにした。次は温かい方を食べる楽しみができてちょっと嬉しい。

早速、納豆メニューをいただきます!

ほどなくして「納豆そば」が到着。卵黄とネギ、大根おろし、のり、ひきわり納豆が合わさったものが、そばに合わないわけなかろうっ!!という心の叫びを抑えつつ、高揚感とともに混ぜたそばを口へと運ぶ。

納豆の粘りが卵黄のまろやかさ、コクを助長させる。渋谷で最もすすりがいのある蕎麦を、口いっぱいまで頬張り、ゆっくりと噛み締めながら食べてみたり、周りのビジネスマンの方のスピードに合わせて食べてみたりと、食べ方も楽しむ。

一番最初に乗っていた納豆の量も良かったが、納豆好きとしてはもっとまみれたい!!という欲から、

「追い納豆」を決行。思ったより多い量の納豆が届き、幸福感に包まれる。ちなみに納豆は〈タカノフーズ〉の「旨味ひきわりミニ3」を使っているそう。もともとは〈日の出納豆〉の「日の出納豆ひきわり」を使っていたそうだが近くのスーパーで取り扱いがなくなってしまったことから、変更したそう。

乗せて...混ぜて...ずぞぞぞーーっである。(最高)

みなさんもぜひ渋谷でサクッと納豆ランチをしたいとき、是非訪れてみてはいかが?

〈福田屋〉

■03-3476-6437
■東京都渋谷区道玄坂2-25-15 福田ビル 2F
■[月~金]11:00~15:00、17:00~20:30
[土]11:00~15:00 日祝休
※詳細は公式ホームページをご確認ください

【今週の納豆】「ゴールドA 山下納豆」/〈山下食品株式会社〉

購入価格 : 296円(120g×1P)

●ねばり 4.3/5.0
●納豆のかおり 3.9/5.0
●豆のかたさ 4.3/5.0

しっかりと食べごたえのある納豆。同社から1箱で1,000円以上の納豆も販売されているが、やはり豆の詰まり具合が他社の納豆と比べても断然密度が違う。ギュギュっと詰まっている山下食品の納豆は一粒一粒に存在感と食べごたえがあるので、シンプルに塩だけで味付けし、お酒のつまみにすることをおすすめする。

■前回の「北千住にある〈アガリコ餃子楼〉で絶品納豆餃子を。アットホームなカウンター席が楽しい!」はこちら
■連載「なっとう娘の「ねばログ」」はこちら

鈴木真由子

今月大阪に行くので関西の納豆を買ってこようと思っています!たのしみ〜!そちらの様子もInstagramにアップしますね▶こちらから。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
mgh_sidebar
TOPに戻る