知る人ぞ知る注目スポット・奥浅草で愛される店〈SPICE SPACE UGAYA〉へ。奥深いスパイスカレーの数々がここに。
2019.12.09

【カレーときどき村田倫子】第6回 知る人ぞ知る注目スポット・奥浅草で愛される店〈SPICE SPACE UGAYA〉へ。奥深いスパイスカレーの数々がここに。

「カレーときどき村田倫子」へようこそ。食べたいカレー屋さんを訪ね、自身でつらつらとカレーに対する想いを綴る、いわば趣味の延長線ともいえるこの企画。今回訪れたのは、知る人ぞ知る人気エリア、奥浅草にある〈SPICE SPACE UGAYA〉を訪れました。

村田倫子 / モデル

「モデルとして雑誌をはじめ、TV、ラジオ、広告、ファッションショーなどで幅広く活躍。モデル界きってのカレー好きとして知られ、イベント出演や界隈の著名人との対談も行う。自身がカレー屋に訪問し執筆まで行うWEB企画「カレーときどき村田倫子」をHanako.tokyoで連載中。」

村田倫子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

人ぞ知る人気エリア・奥浅草にある〈SPICE SPACE UGAYA〉

人々で賑わう浅草寺の北側、少し足を伸ばすと下町の雰囲気が残る住宅街が。このエリアは奥浅草と呼ばれ、古くから地元の人が足繁く通う隠れた名店や新進気鋭のニューカマー達がひっそり軒を連ねる知る人ぞ知る人気エリア。実は私、このエリアに引き寄せられる太刀らしく、過去カレー連載において〈PQ’s 〉〈ガヤバジ〉で訪れているのです。今回は三度目ましての奥浅草ね。

さて、今日のお店は〈SPICE SPACE UGAYA〉。あたたかなウッディー調の店内。オーナーの宇賀村さんと奥さん。ご夫婦で営む居心地のよい一間。

「パパのカレーは美味しいよ」とこそっと耳打ちする可愛い娘さんも。

奥浅草ににあるバー〈Chanbow〉にて二年ほどケータリングや間借りでカレーを振る舞い、一年ほど前にこの地で自身の城を構えた宇賀村さん。“間借りからの独立”。ここ最近よく耳にするカレー会のインディーズからメジャーへのストーリー。しかし彼の歴史はその中でもユニークだ。

実は宇賀村さん、カレーを振る舞う以前は和食の調理人を7年ほど経験している。そして驚くのは、その後はデザイナーへ転身。〈テレビ朝日クリエイト〉に入社しCG制作、グラフィックを担当。食の場からうってかわってクリエイティブな場に10年ほど関わっているのだ。「どちらも好きなことで一つに絞れなかったんです。なので双方トライしたくて…。」なんとも男気溢れ、潔い人生選択なのだろう。

目標地点を満を持して通過した宇賀村さん。「次にやりたいことはなんだろう…」そう考えたときに彼の脳内をジャックしたのは「カレー」だった。和食をまかなっていた時代から、いや幼少期からずっと好きだったカレー。さて、いざカレー屋を…といかないのが彼の流儀。カレーのコアとなる「スパイス」について研究すること2年、スパイスコーディネーターの上級資格“スパイスコーディネーターマスター”を取得した。

今まで多くのカレー屋さんを取材してきたが、こんな資格があったことすら初耳だ。前述したエピソードもそうだが、彼の「好き」への誠意と熱量は計り知れない。

豊富な人生経験、スパイスの確かなる知識。多くの装備を持ち合わせた宇賀村さんの作るカレーも多種多様。黒毛和牛使用の看板カレー「牛すじカレー」、カルダモン香るインド系カレー「チキンカレー」、中華インスパイア系カレー「豚バラカレー」、ごろごろ野菜が入ったヘルシーな「野菜の食べるカレー」、スパイシーでクリーミーな「ドライキーマ」、和ベースのサバカレー「ドライ鯖キーマ」…と定番だけでもこのラインナップ。
和食の経験を生かし、出汁を核としたカレーが特徴の〈SPICE SPACE UGAYA〉。驚くことに、全てのベースの配合が違うためどのメニューも風合いが全く異なるのだとか…。二種あいがけがあると色々と楽しめるのは有難い。

「牛すじカレーとドライ鯖キーマのあいがけカレー」1,500円

「牛すじカレーとドライ鯖キーマのあいがけカレー」デザイナーとしての息遣いを感じる色彩豊かな盛り合わせ。

最後にバーナで焼きを入れているサバの切り身は、香ばしさを纏い、出汁をふくんだ旨味が上品に広がる。主張しすぎず奥ゆかしい味わいは、まるで割烹料理のようだ。

繊細な味わいの層に、アクセントを与えるナッツの存在も面白い。ここで緩急がついてまた違った表情を楽しめる。

お客さんからも熱烈なラブコールが絶えない「牛すじカレー」和ベースのスープ、チキンブイヨン、牛のスジや骨から取ったフランスのだし汁フォンドボー…など秘伝のベースから織りなす旨味の層。一口の衝撃波は十分なのに、後味は軽快で潔い。なんだこの矛盾…。ほろほろジューシーな黒毛和牛の身を口に含んだら最後、このカレーに骨抜きされること間違いなし。いくらでも入ってしまうぞこれは…!(美味しすぎて罪)

洋風でありながら、芯に宿るのは出汁が香る和の心。濃厚なインパクトがありながら、すっきりと嫌味なく胃袋に浸透する感覚。我らのソウルウード味噌汁を洋風にしたならば、それが近いかもしれない。

奥浅草に昔から馴染みがある宇賀村さん。食材は昔馴染みの友人から紹介された卸しから仕入れているため、良心的な価格で私たちはカレーを楽しめる。(だって黒毛和牛で1,100円ってねえ…ありがたや)

この居心地のよい店内も、仲間内の職人や、ご自身でつくりあげたそう…。もちろん、このメニューもデザインby宇賀村さん。(デザイナー経歴強し)

「ドライキーマ」1,000円

間借り時代からの看板メニュー、「ドライキーマ」。ぎゅんと旨味がつまった濃厚なキーマ。まろやかできめ細やかな“コク”が印象的だが、生クリームは使用せず、ココナッツ、中華でよく用いられる“マー油”という焦がしニンニク油が味のコアを支えている。そこに、つるんと輝く黄身の黄金ソースを絡ませれば…もう…(ごくり)同じキッチンから生まれたカレーとは思えないほど、宇賀村さんのカレーは個々が生き生きとしている。

〈SPICE SPACE UGAYA〉の魅力を知るには胃袋が一つじゃ足りないんです。定番も全て味わえていないし、不定期に週替わりや日替わりのメニューもあるのだとか。これはまた奥浅草を訪れる素敵な理由ができちゃったな…。
和食の調理人としての経験値、クリエイティブな場で培われたセンス。宇賀村さんの人生の足取りが余すことなくしっかり刻まれている。枠がなく自由だからこそ、カレーは人生そのものが如実に滲み出るフード。だから私は底なしにカレーを愛しているのだ。

奥浅草に根付く愛と、そのイズムを紡ぐ一皿。まるで彼の人生そのものがが映し出された唯一無二のカレーは、複雑みが奥深く、そして何よりあたたかい。

〈SPICE SPACE UGAYA〉

■東京都台東区浅草5-23-7
■070-7524-0444
■11:30〜14:00、18:00〜22:30(22:00L.O.)日・月定休

(photo:Kayo Sekiguchi)

☆前回の「バイブスが高まるカレー!?ハイセンスな空間で食べるカレー〈VIRES CURRY〉はいかが?」はこちらから。
☆連載『カレーときどき村田倫子』ページはこちらから。

村田倫子

宇賀村さんの人生がつまった、とっておきの一皿。また味わい深い奥浅草を訪れたいな。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
mgh_sidebar
TOPに戻る