【自転車・橋本英也選手】自転車への情熱と朗らかなキャラクターでファンを魅了!
2019.11.11

1178号『LOCKER ROOM』はみだしレポート 【自転車・橋本英也選手】自転車への情熱と朗らかなキャラクターでファンを魅了!

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1178号から、自転車・橋本英也選手。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

「よろしくお願いします!」と、バイクウエア姿で颯爽とチームのクラブハウスに現れた橋本英也選手。本誌取材の前日にも大会に出場していたはずだが、疲れている様子など一切見せず、「軽くロードを走ってきました」とニッコリ。開始早々、まぶしい笑顔に目を奪われる。

現在は、「チーム ブリヂストン サイクリング」に所属し、専門のトラック競技だけでなく、ロードや競輪でも活躍中。チームのムードメーカー的存在でもある明るい性格の橋本選手は、本誌取材中も終始笑顔が絶えず、どんな質問もざっくばらんに答えてくれる。本誌でも紹介したが、試合前には白米にジャムをかけて食べることもあるそう。「必ずってことではないですよ。レースの3時間ぐらい前に、炭水化物メインでしっかり固形物を入れるのですが、糖分も一緒に摂ろうとジャムをかけてみたら案外悪くなかった(笑)。おはぎだって、ご飯×あんこでしょ。そんな感覚ですよ」と朗らかに話す。

さらに、差し入れのフルーツサンドを見つけると、「ほら、コレと一緒ですよ。ね、いけるでしょ!」と、どこか得意げに話すのも愛らしい。常にポジティブで、サービス精神旺盛で、自然と人を惹きつける魅力の持ち主。極めつけは帰り際。本誌スタッフと共に外まで出てきて「気を付けてお帰りください」と見送ってくれる神対応。心にくい気遣いに完全ノックダウン!

インタビューではテンポよく明快な答えが返ってくる。トークもお上手!

Birthday 1993/12/15
Blood type A
Height 180cm
Birthplace GIFU

はしもと・えいや/中学2年で自転車競技を始める。全日本選手権の個人パシュートでは2011年より4年連続優勝。2012年には日本新記録樹立。2018年、アジア大会男子オムニアム優勝。アジア選手権の男子オムニアムでは2年連続でアジア王者に。

(photo:Junko Morisaki text & edit:Naoko Sekikawa)

■前回の【ラグビー・松田力也選手】はこちら。 
■連載トップはこちら。

編集部

笑顔が素敵…!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る