バイブスが高まるカレー!?ハイセンスな空間で食べるカレー〈VIRES CURRY〉はいかが?
2019.11.01

【カレーときどき村田倫子】第5回 バイブスが高まるカレー!?ハイセンスな空間で食べるカレー〈VIRES CURRY〉はいかが?

「カレーときどき村田倫子」へようこそ。食べたいカレー屋さんを訪ね、自身でつらつらとカレーに対する想いを綴る、いわば趣味の延長線ともいえるこの企画。今回訪れたのは、中目黒川沿いのお洒落通り、存在感のある看板が目印の〈VIRES CURRY〉です。

村田倫子 / モデル

「モデルとして雑誌をはじめ、TV、ラジオ、広告、ファッションショーなどで幅広く活躍。モデル界きってのカレー好きとして知られ、イベント出演や界隈の著名人との対談も行う。自身がカレー屋に訪問し執筆まで行うWEB企画「カレーときどき村田倫子」をHanako.tokyoで連載中。」

村田倫子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

今日はバイブスで。

自分の「フィーリング」、「感性」、「ノリ」で。レゲエやヒップホップカルチャーから派生し、今やJKも連呼し、市民権を得た言葉『バイブス』。ノリで、気分で、気がままにスパイスを体感したいあなた。本日のランチは〈VIRES CURRY〉はいかが?

中目黒川沿いのお洒落通り、存在感のある看板が目印の〈VIRES CURRY〉。

シックとポップが介在したスマートな一間。実はここは〈VIRES CURRY〉というBAR。

クラブシーンではVJとしてお馴染みのビジュアルデザインチーム「REALROCKDESIGN」が中目黒で営むセンスの溢れる空間だ。昼間は、「バイブスカレー」として間借りスタイルで営業している。

昼間のこの空間を廻すのは…。

お気づきの方も多いのでは?そう、ここのオーナーは、The BK Soundさん。「湘南乃風」のBack Selecter(DJ)と同時にソロアーティストとしても活動を広げている。あらゆる音をMIXしながら、カレー鍋も振るう…。なんて表現の幅が広いのだろう。

BKさんが、人前でカレーを振る舞うようになったのは2年ほど前。「昔から料理するのが好きで、よく仲間内で料理を振る舞っていたんです。その中でもスパイスからつくるお手製カレーがかなり評判で…。」

カレーに対して、なにかよい波長を感じていたBKさん。そんな時、渋谷でBARを経営してる知り合いから、「昼間空いてるから何かやってみない?」と声がかかる。「これは…カレーしかないっ!」と二つ返事にはじまった『VIRES CURRY』。毎週火曜だけ、渋谷の一間でカレーを振る舞うことになった。
一年半ほど渋谷での間借りを続け、今年の7月からここ中目黒に拠点を移動。週1だった営業も、週4に。音楽活動の傍ら、かなり高めのバイブスでカレーをつくっている。この店舗で身を構えたのも、知り合いのご縁から。ぱっと目を惹く看板も、仲の良いイラストレーターが手掛けている。

独学で編み出したスパイスカレー。

独学で編み出したというカレーは、定番三種と週変わりの「Weekly Curry」の全4種構成。盛り付けは、「一種がけ」、「二種がけ」、欲張りさんは「三種がけ」も選択できる。もちろん、三種でお願いします!

「Weekly Curry」

深いエメラルドグリーンのお皿に刻まれたオリジナルのロゴ。こちらも陶芸家のご友人がつくったもの。盛り付けられたカレーとの絶妙なコントラストを放つ。

ココナッツの香りにつつまれ、ほんのり甘みを纏った「Vibes Chicken Curry」。鶏ガラから出汁をとり、じっくり煮込まれたルゥからは、奥行き深い旨みがゆっくりと広がる。「あ、本当にカレーをつくるのが好きなんだなあ…」この一口が優しく私に語りかける。

魚のあらと野菜を炊いたフィッシュベースのスープに、フィッシュフレークの大群が泳ぐ「Mix Fish Curry」。ピリリとスパイシーな辛みに、タマリンドの甘酸っぱい酸味が溶け合い、シャープな切れ味に漂う慈悲深さ。口内へなだれ込む芳醇な磯の香りはバイブス高め、小躍りしたくなるのをこらえて、ぐっと飲みこむ。

週替わりの「Weekly Curry」。この日は、海のエキスがぎゅっとつまったカキカレー。贅沢にごろっと転がりぷりっと弾ける身、牡蠣の旨味がぎゅっと詰まったルゥ。常連さんからもかなり好評だと言う。これは良いタイミングに来れた…。シーズンそして、店主の気分よって様々な表情を楽しめるのがウィークリーカレーの醍醐味。

音を繋げて、リズムをつくりだすように、スパイスと食材をミックスして編み出す〈VIRES CURRY〉。躍動感あふれるカレーのバイブスに心地よく身をまかせる時間。

BKさんの、自由に、真剣に、今日を紡いできた姿勢こそが、バイブスの極地なのだろう。彼のフィーリングにあわせ、進化を続ける一皿は、今後も目が離せない。

〈VIBES CURRY〉

■東京都目黒区青葉台1-16-19 サクラガーデンE1
■03-6455-3729
■月火木金12:00〜16:00

(photo:Kayo Sekiguchi)

☆前回の「月曜日だけ食べられる「マジョラムカレー」って?下北沢の隠れ家〈mjrkari〉に魅了されて。」はこちらから。
☆連載『カレーときどき村田倫子』ページはこちらから。

村田倫子

美味しいカレーに私のバイブスも高まりました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る