料理家さんたちが提案!ご当地おみやげのアレンジレシピ 「小松菜と酒盗の炒め物」
2019.10.09

日本の美味しさ簡単レシピ 料理家さんたちが提案!ご当地おみやげのアレンジレシピ 「小松菜と酒盗の炒め物」

旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載をコツやポイントとともに紹介します。今回は、料理研究家の夏井景子さんが高知県の「土佐の廣丸 酒盗土佐造り 甘口」をアレンジしました。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

本日のストックフードは…

「土佐の廣丸 酒盗土佐造り 甘口」200g 700円(税込)(土佐の廣丸電0120-514-241 )

丸々と太った鰹の胃袋のみを使用し、高知の海水塩、みりん、酢、砂糖とともに6ヶ月間樽で熟成させることで、シンプルでいて極上の塩辛に仕上がった。

【From 高知県(高知市横浜)】
高知の名物といえば鰹。豪快に上がったわらの火柱で焼く「わら焼き」を塩でいただくのが土佐流。

作り方はこちら

■材料(1〜2人分)
小松菜....1/2袋
しょうが....1/3片
酒盗.....小さじ1
ごま油....小さじ1
酒...小さじ2
コショウ....適量

1.しょうがは千切りに、小松菜は食べやすい長さに切る。

2.フライパンにごま油を温め、1のしょうがを炒める。香りが出たら酒盗を加え、さらに炒める。

3.小松菜の茎を入れて炒め、次に葉を加え、酒をふりかけて、さらに炒める。

「小松菜と酒盗の炒め物」の完成です。

最後にコショウを振り、器に盛って完成。味つけは酒盗だけ。火を通すことで調味料に早変わり!

今回レシピを教えてくれた先生は…

夏井景子(なつい・けいこ)/1983年、新潟生まれ。板前の父と料理好きの母の影響で、食べること、作ること、食べてもらうことが好き。料理研究家として活動中。

(Hanako1177号掲載/photo:Chihiro Oshima text & edit:Kayo Yabushita)

☆前回の「酒盗入りポテトサラダ」はこちら!
☆『日本の美味しさ簡単レシピ』のまとめページはこちら!

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部

小松菜の緑が食卓に彩りを添えてくれますね。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る