『伊藤家の晩酌』~第三夜4本目/常温で、燗で。味の変化が楽しい「羽前白梅 純米酒」~
2019.10.06

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 『伊藤家の晩酌』~第三夜4本目/常温で、燗で。味の変化が楽しい「羽前白梅 純米酒」~

弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは? 4本目は飲むたびに味が変化する、これぞ純米酒な一本!
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの22歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいな
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

第三夜4本目は、飲むたびにおいしさが増す、長く楽しめる「羽前白梅 純米酒」

1592年創業、山形県鶴岡市最古の蔵元で昔ながらの日本酒造りを行う。「羽前白梅 純米酒」720ml 1728円(税別・ひいな購入時価格)/羽根田酒造株式会社

娘・ひいな(以下、ひいな)「最後の1本は、山形県鶴岡市の『羽前白梅(うぜんしらうめ)』だよ」
父・徹也(以下、テツヤ)「クラシックなラベルがいいね」
ひいな「新川にある酒店〈今田商店〉に行った時、今度若い杜氏の特集をやるんですよって話をしたら、『ここの蔵も若いよ』って教えてくれたのが羽根田酒造だったの。しかも、その日に杜氏の羽根田成矩さんに連絡してくれて。今年30歳になるんだって」
テツヤ「平成生まれの杜氏だね」
ひいな「羽根田さんと話をした時、今年の6月に起きた山形県沖地震の影響を受けたらしくて。商品が破損したり、建物も倒壊したり被害が大きかったみたいで、まだ復旧作業が続いてるんだって」
テツヤ「そうか、それは大変だね。飲んで応援しないと!」

ひいな「じゃ、開けるよ。これは正真正銘、開けたての『羽前白梅』」
テツヤ「鶴岡は、海と山が近くて、真っ平に広がる庄内平野がほんとにきれいなんだよな。空港の愛称も『おいしい庄内空港』っていうだけあって、おいしいものだらけだし」
ひいな「お酒もおいしいしね!」
テツヤ「じゃ、乾杯!」

テツヤ「すごく色がついてるね。うぅん!? 水みたいだぞ」 
ひいな「ミネラル感が強いかも」
テツヤ「これは、チェイサーだな(笑)」
ひいな「そう思うでしょ? ちょっと待ってて」

ひいな「こっちは、4日前に開けた『羽前白梅』!」
テツヤ「え? どういうこと?」
ひいな「いま開けたやつと4日前に開けたやつを飲み比べてみて」

テツヤ「なるほど。同じ酒器で飲んでみたいね。入れたらどっちがどっちかわからなくなってきたぞ(笑)。
ひいな「ご心配なく。ぜんぜん味が違うから」

テツヤ「色は一緒だね。じゃ、4日前のほうを飲んでみるよ」
ひいな「どう?」
テツヤ「何これ! ぜんぜん違う!」
ひいな「酸が出てきて、角が丸くなってるでしょう?」
テツヤ「確かに。コクが出てる。これは飲んで発見したの?」
ひいな「試飲しようと思って4日前に飲んだ時と今朝飲んだ時で味が変わってる!と思って」
テツヤ「朝から飲んでたんだ(笑)。ワインもさ、抜栓してから味が変わるもんね」
ひいな「日本酒は開けたら1週間くらいで飲み切るといいっていわれるけど、なかなか飲み切るのって難しいじゃない?」
テツヤ「飲んじゃうけどね(笑)」
ひいな「まあね(笑)。でも一度開けても、味が変化しながら長く楽しめるお酒としておすすめしたい」
テツヤ「うん、それはいいね」

「羽前白梅 純米酒」に合うおつまみは、こっくりとしたタレが最高な「手羽の甘辛煮」

ひいな「『羽前白梅』は手羽中の甘辛煮と合わせて飲んでみて。山椒をかけるよ」
テツヤ「いただきます!」
ひいな「どう?」
テツヤ「う〜ん、3本目に飲んだ『あべ』と南蛮漬けが合いすぎたからさ…。さっき開けたばかりのほうで合わせてみたいな」

テツヤ「うん、新しい酒のほうが合うよ」
ひいな「そう? 4日前に開けたほうが私は合うと思うんだよね」
テツヤ「俺はフレッシュ派かな」
ひいな「意見が分かれたね」
テツヤ「俺は俺の道を行くよ」
ひいな「じゃ、私は私の道を行くよ」
テツヤ&ひいな「(笑)」
テツヤ「手羽が濃い味付けだから、水くらいさっぱりとした味のほうが合うと思ったんだよね。さっぱり流すみたいな」
ひいな「おもしろいね、意見が違うの」
テツヤ「なんで手羽の甘辛煮だったの?」
ひいな「塩じゃないな、タレだなと思って。手羽先だと食べにくいし」

テツヤ「これ手羽中?」
ひいな「そう」
テツヤ「俺、手羽元、手羽先じゃなくて、手羽中が一番好き♡」
ひいな「そうなの? 初めて聞いた(笑)」
テツヤ「この連載で、お互いをだんだん知るっていうね」

燗酒にした途端、開花。冷酒でも、常温でも、燗でもOK な万能酒。

ひいな「いい意味でも、悪い意味でも、このお酒って“The日本酒”なところがあって。20歳ぐらいの時だと選ばなかったかもしれないけど、今は素直においしいと思えたんだよね」
テツヤ「若手杜氏なのに、クラシカルな日本酒を造ってるっていうのがいいね。原点回帰っていう感じ」
ひいな「しかもね、これ、燗がおいしいの」
テツヤ「そうなんだ! 燗にしてみようよ」
ひいな「燗つけてみよう」

テツヤ「これ何度?」
ひいな「ぬる燗(40度)よりも下の35度。人肌燗って言うの」

テツヤ&ひいな「じゃ、改めて。燗で乾杯!」
テツヤ「さっきとぜんぜん味が違う! 急に化けた!」 
ひいな「燗でも合うんだよ〜」
テツヤ 「これはいままでにない酒だね。キャッチャーもやれば、サードも、レフトも守れるっていう感じ。最初に飲んだ、開けたての水みたいな味から、酒っぽさが増したね」
ひいな「飲んだ瞬間に、燗でおいしいお酒ってわかるの」
テツヤ「えぇ? なんでわかるの?」
ひいな「何でなんだろう。わからない(笑)」
テツヤ 「もうね、断然燗だわ。これね、ひいなには、温度を極めて欲しい。相当いいよ。さっき水って言ったの暴言だったな。こういうお酒だったんだね。これは燗の意味があるお酒だよ」

ひいな「燗にした途端、こんなに開花するんだね」
テツヤ「ひとつのお酒が温度によって、こんなに楽しめるなんてな」
ひいな「四合瓶で買うのがもったいないかも」
テツヤ「確かに。一升瓶のほうがいいかもしれないな」
ひいな「開けてすぐ飲んでからどんどん味が変わっていくのを楽しんで、燗酒にもして」
テツヤ「旅館の窓を開けたらさ、目の前に川が流れてて、そこで4日間ぐらい缶詰しつつ、このお酒を飲みたいね」
ひいな「何そのシチュエーション(笑)」
テツヤ「毎日ちびちびやりたいんだよ。一升瓶を持ってさ、連れ添いたいねぇ」
ひいな「それただの酔っ払いだよね」
テツヤ「(笑)。つまり、長く愛したいってこと!」

(次回から第四夜!10月13日更新予定です)

伊藤 ひいな

流行に流されず、芯のある酒造りをされていらっしゃるところに惹かれました!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る