なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。9/9〜9/14「まだまだ新しい顔を見せてくれる納豆に骨抜き。」
2019.09.22

発酵と、大豆と、わたし。 なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。9/9〜9/14「まだまだ新しい顔を見せてくれる納豆に骨抜き。」

納豆をこよなく愛する23歳「なっとう娘」が送る、納豆のビジュアル、香り、テイストについてコメントしつつ、魅力を語っているコラムです。(あくまでも個人の感想です)日々ライブ配信にて紹介している色とりどりな納豆たちがずらり!身近な存在だけど実は奥が深い納豆の世界へ、あなたも誘われちゃうかも!?ぜひご覧くださいませ!

鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「神奈川県横浜市出身。 イチナナライブ(ライブアプリ) 公式ライバー。インスタグラム@nattou_musume_で毎朝8:30〜納豆ライブ配信中。 2018年(大学4年生)で「なっとう娘」としての活動スタート。大学卒業後、フリーランスとして活動を継続中。主に納豆関係のイベント主催・登壇や、納豆ランチ出張など幅広く活動中。」

鈴木真由子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

毎日の配信で食べているの納豆を、なっとう娘の主観で評価します!

納豆キーマカレー@あかり食堂コラボ納豆イベント

このコラムでは、毎日の配信で食べている納豆1週間分を3つの評価軸をMAXの数値を5として、私の主観で評価させていただいています。あくまでも、その納豆の特徴を表すための数値なので、数値の高い低いに優劣はありません!ご自身の好みに合った納豆探しの参考にしてみてくださいね。

〈3つの評価軸〉
・ねばり(弱い 1↔5 強い)
・納豆のかおり(控えめ 1↔5 濃厚)
・豆のかたさ(柔らかい 1↔5 固い)

上記3つの評価のほかに、各納豆に関する情報と感想として「なっとう娘メモ」を添え、私の思う納豆の魅力を余すことなくお伝えさせていただきます。みなさんと多種多様な納豆の世界を共有できたら嬉しいなと思いコラムという形で発信をはじめましたので、ゆるりと読んでいただけたら嬉しいです!

それではレッツ「ねばログ」!

▽1週間分の納豆配信まとめ動画も公開中!▽

1.なっとう娘史上最柔。「黒豆納豆 弁慶」/〈牛若納豆〉

購入価格:320円(40g×2P)

●ねばり 1.5
●納豆のかおり 1.6
●豆のかたさ 0.4

一見、納豆とは思えないような独特なパッケージ。パックを開け、混ぜるとツヤツヤでチュルッとした粘りが現れる。大粒黒豆を一口ほおばると、トップレベルの柔らかさを誇る豆感を、口の中で繰り広げ今までで食べた納豆の中で一番柔らかいと感じた。上顎と舌で押しつぶせるレベルに柔らかな納豆。醤油とお砂糖で簡単にスイーツに早変わり。ぜひ納豆スイーツ初心者の方におすすめしたい納豆。

2.タイミングと熟成と納豆。「常陸の小粒」/〈天狗納豆〉

購入価格:210円(40g×2P)

●ねばり 1.2
●納豆のかおり 4.7
●豆のかたさ 2.8

納豆の味がギュッと凝縮されている印象。賞味期限のギリギリで食べたので、味わいが変わったのかもしれないと思った。個人的には、このくらい味がはっきりとしているものが好きなので、割と冷蔵庫で寝かすこともある。発酵食品の最たる特徴と言っても良いくらい、食べるタイミングはとても大事であり、その成長過程がまた愛おしいのだ。

3.さくさくおやつ納豆。「自然の味 小粒納豆」/〈こだわりの味協同組合〉

購入価格:191円(45g×2P)

●ねばり  2.6
●納豆のかおり 3.0
●豆のかたさ 3.1

タレ甘めのおやつ感覚でいける納豆。サクサクっとした口あたりと、軽めの味わいが印象的。納豆のパッケージにはなかなか用いられない水色で爽やかなビジュアルも、その軽快な味わいを助長させる。小腹がすいたときに是非。

4.新種納豆現る。「ごろっと あらわり」/〈あづま食品〉

購入価格:155円(40g×3P)

●ねばり 4.8
●香り 4.7
●固さ 4.9

これは新食感。パッケージのウリ文句はだいたい大げさに書かれることが多いがこれは本当に「新食感」だった。ふわっとつやつやした粘りが包む、小粒でもひきわりでもない、あらわりという粒サイズ。人加味した途端に楽しい気持ちになる、いい意味でゴリゴリしている豆感。味わいはひきわり納豆の鼻から抜ける香ばしい香り。食べごたえあるひきわりという一品だったので、ぜひリピートしようと思う。

5.母性あふれる醤油納豆。「詩塚」/〈下仁田納豆〉

購入価格:250円(100g×1P)

●ねばり  2.3
●納豆のかおり 3.7
●豆のかたさ 3.6

黒目納豆がこんにちは。と顔を出す。付属している醤油も「はつかり醤油」と、こだわりある独特のしょうゆがお出迎え。これまた醤油と納豆の織りなす安心感が美味しくも懐かしさを感じる。もちもちとした豆感に、粘り気は強すぎず、大豆の甘みが醤油の塩気と相まって旨味の波が押し寄せ、初心にかえらしてくれる一品。

6.発酵マリアージュの起こした奇跡。「キムチ納豆巻」/〈セブンイレブン〉

購入価格:145円(1本)

●ねばり  1.6
●納豆のかおり 2.4
●豆のかたさ 2.4

すんすんと、納豆巻のふちを香る。コチュジャン感あるキムチの甘みと辛味。納豆の独特の香りと酢飯のさっぱり感。心が小躍りしているのを感じながら、ぱくり。それはもう奇跡としか言えなかった。あまりの美味しさに納豆巻イベントを立ててしまうほどである。(詳細はコラムの最後尾に掲載)納豆は柔らかめで、キムチは具だくさんというよりも、奏でられる旨味のマリアージュにそっと寄り添う名助演俳優のよう。本当に本当においしかった。心の底から推しの一本。

7.〈コモディイイダ〉でこんにちは。「極小粒納豆」/〈あづま食品〉

購入価格:78円(45g×3P)

●ねばり  2.9
●納豆のかおり 3.1
●豆のかたさ 2.9

〈コモディイイダ〉という、スーパーに初めて行った。スーパーのブランドから出ている納豆も少なくないので、早速チェック。発見し次第、製造会社を確認すると、いつもお世話になっているあづま食品さんがいらっしゃった。本当に手広くやっていらっしゃる。納豆自体は、外側硬めの中柔らかめ、鰹の出汁がしっかりきいていて、納豆の味も感じられる白米に寄り添うような一品に仕上がっていた。

●「なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。9/2〜9/8「粘り気十人十色。」」はこちら。
●毎朝8:30〜納豆ライブ配信中のインスタグラムはこちら。 @nattou_musume_

鈴木真由子

今週食べた納豆巻の美味しさに、感銘を受け納豆巻イベントを早速企画しちゃいました!笑 気になる方はこちらから。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る