旅行出発前に駆け込みゲット!旅をもっと楽しめるU2,000円コスメ5選。
2019.09.11

ハナコラボ 前田紀至子が綴る”わたしの旅、あなたの旅” For Tourists and Travelers 第32回 旅行出発前に駆け込みゲット!旅をもっと楽しめるU2,000円コスメ5選。

日々国内外を旅している前田紀至子による、淑女らしく旅を愉しむための旅のしおり。今回はお手頃価格でありながら、旅先で役立つこと間違いなし!と自信を持っておすすめできるビューティーアイテムをご紹介します。

前田 紀至子 / ハナコラボ#014

「美容や旅をメインにさまざまなメディアで執筆するライター。Instagramでは旅先での情報がぎゅっと詰まったリアルタイムなポスト、#前田紀至子世界の旅 が好評。」

前田 紀至子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈イミュ〉アイプチ フィットカーラー

旅先では体調も顔も万全のコンディションで過ごしたいものの、夜更かしや甘いものやご馳走の食べ過ぎなど誘惑も多々。だからこそ、持って行きたいのはまつ毛を根元からしっかりカールして目をパッチリ見せてくれる、飛び道具的ビューラー。アイホールにしっかりフィットする新構造は、まつ毛にかぶさったまぶたをアイホールの奥に押し上げてくれるから、まつ毛の根元が隠れずに自分でも驚くほどの目力が完成。目元がすっきりするだけで、顔の印象もぐっとすっきりするはず。

2.〈フーミー〉クリアマスカラ「アイブロウ・マスカラ」

朝食やアクティビティの支度など何かと慌ただしくなりがちだからこそ、できる限り時間をかけたくない朝のメイク。ナチュラルかつ凛とした毛流れに整えるファイバー入りの黒透明タイプ眉マスカラは、かぎりなく自然なのに、まるで毛量が増えたような仕上がりに感激。目元用マスカラとして使える上に、まつ毛エクステにもOKだからこそ、目元はこれ1本で完成するのもかさばらなくて助かる!

3.〈WHITE81〉トーンアップスティック

南国や紫外線が強いディスティネーションでなくとも、旅行中はついつい日焼け対策がおろそかになってしまいがち。肌を守るためにも紫外線対策は1年中行うのが理想的だから、肌色補正ができて日焼け止めとしても使える、スティックタイプの便利な化粧下地を常に携帯しておくのがベスト。SPF35・PA+++でありながら、顔やデコルテにさっと塗るだけで肌の色がトーンアップして肌をきれいに見せてくれる一石二鳥的なアイテムなら、こまめに塗ることをわずらわしく感じずにキレイをキープできるかも。

4.〈デジャヴュ〉クリームペンシル

アイシャドウはどうしてもかさばってしまう分、何種類も持っていくのはなかなか大変。そこで活用したいのは、コンパクトながら印象を自在にコントロールできるアイライナー。なめらかな描き心地と色持ちの良さ、極細から太めラインまで簡単に調整しやすい描き味でメイク好きから高い支持を集めるデジャヴュのクリームペンシルは旅コスメのマストアイテムと言えるかも。中でもさりげなく遊び心を演出できるカーキブラックは抜群にプレイフルなムード。皮脂や汗、こすれにも強く、1日中にじまないから、アウトドアにも最適。

5.〈クオリティファースト〉グランホワイト 7枚入り

温泉に入ったり、ガールズトークにいそしんだりと、いくらあっても足りないのが旅先の夜。それゆえ朝のメイク同様、究極の時短を実現するための必須アイテムが保湿ケアに優れたパック。くすみや乾燥、紫外線ダメージといった旅先での「あるある」な悩みに対応できるオールインワンシートマスク グランホワイトは、化粧水、収れん、乳液、美容液、クリーム、パック、アイマスク、マッサージとなんと8役もこなすスーパーアイテム。肌の奥まで素早く美容成分を浸透させる「ナノカプセルテクノロジー」により、約3分でのお手入れが可能だから、化粧水を塗る時間すら惜しいと感じたらこのパックに頼ってみては!?

どれもコストパフォーマンスが高く優秀、そして当然バラエティショップなどで手に入るものばかり。旅の直前にビューティーアイテムを補強したくなったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

☆前回の「2時間が短く感じる!?〈スイス インターナショナル エアラインズ〉のビジネスクラス搭乗記。」はコチラから。
☆連載『前田紀至子が綴る”わたしの旅、あなたの旅” For Tourists and Travelers』まとめページはコチラから。

前田 紀至子

すべて普段も愛用しています!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る