働く女子の愛用品。〈four seven nine〉のシルバーアクセサリー/フードスタイリスト・赤埴奈津子さん
2019.08.14

ハナコラボメンバーに聞いた! 働く女子の愛用品。〈four seven nine〉のシルバーアクセサリー/フードスタイリスト・赤埴奈津子さん

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、東京で働くハナコラボたちの、四六時中身につけている愛用品をご紹介。第19回は、フードスタイリストの赤埴奈津子さんに話を聞きました。

大場桃果 / エディター・ライター

「1994年生まれ。幼い頃からとにかくピンクが好きで、気分を高めてくれる愛用品はほとんどピンク一色。」

大場桃果
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

本日、愛用品を紹介してくれるハナコラボメンバー

名前:赤埴奈津子さん
職業:フードスタイリスト
年齢:32歳

家庭料理を学ぶためにフランス留学の経験も。

3〜4年前からフードスタイリストとして働き始めた赤埴さん。テーブルまわりのスタイリングやレシピ開発など、料理にまつわるさまざまなことを仕事にしています。「昔から食べることが大好きだったので、自然と料理を楽しむようになりました。現地の家庭料理を学ぶために1年間フランスに留学していた経験があり、フレンチに和の要素を取り入れたメニューが得意です」。

手元を華やかにしてくれるシルバーアクセサリー。

赤埴さんが毎日身につけている愛用品は、約一年前に購入したという〈four seven nine〉のシルバーアクセサリー。「仕事柄ネイルをすることができないので、その分アクセサリーで手元にアクセントを加えています。ずっとアクセサリーはゴールド派だったのですが、つけてみたら意外と肌馴染みがよくてとても気に入っています」。

お気に入りを身につけて、美味しい料理を日々研究。

「純銀を使ってハンドメイドで作られているため、壊れにくいのもうれしいポイント。食器を洗う時なども安心です」。オフの日にはニューオープンのお店をチェックしに行くなど、いつだって料理のことを考えている赤埴さん。その柔軟でストイックな姿勢を見習いたいです。

☆前回の「会社員・小竹あかりさん」の愛用品は こちらから。
☆『働く女子の毎日持ちたい愛用品。』コラムページは こちらから。

大場桃果

シルバーのアクセサリーが赤埴さんの柔らかい雰囲気にぴったりでした。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ichikami_sidebar
TOPに戻る