7/22〜7/28 なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。ずらり!パックではない納豆包装大集合。
2019.08.04

発酵と、大豆と、わたし。 7/22〜7/28 なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。ずらり!パックではない納豆包装大集合。

納豆をこよなく愛する23歳「なっとう娘」が送る、納豆のビジュアル、香り、テイストについてコメントしつつ、魅力を語っているコラムです。(あくまでも個人の感想です)日々ライブ配信にて紹介している色とりどりな納豆たちがずらり!身近な存在だけど実は奥が深い納豆の世界へ、あなたも誘われちゃうかも!?ぜひご覧くださいませ!

鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「神奈川県横浜市出身。 イチナナライブ(ライブアプリ) 公式ライバー。インスタグラム@nattou_musume_で毎朝8:30〜納豆ライブ配信中。 2018年(大学4年生)で「なっとう娘」としての活動スタート。大学卒業後、フリーランスとして活動を継続中。主に納豆関係のイベント主催・登壇や、納豆ランチ出張など幅広く活動中。」

鈴木真由子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

毎日の配信で食べているの納豆を、なっとう娘の主観で評価します!

自分の昼食に作った納豆パスタ(味付けは醤油・味醂・ごま油・だしの素)

このコラムでは、毎日の配信で食べている納豆1週間分を3つの評価軸をMAXの数値を5として、私の主観で評価させていただいています。あくまでも、その納豆の特徴を表すための数値なので、数値の高い低いに優劣はありません!ご自身の好みに合った納豆探しの参考にしてみてくださいね。

〈3つの評価軸〉
・ねばり(弱い 1↔5 強い)
・納豆のかおり(控えめ 1↔5 濃厚)
・豆のかたさ(柔らかい 1↔5 固い)

上記3つの評価のほかに、各納豆に関する情報と感想として「なっとう娘メモ」を添え、私の思う納豆の魅力を余すことなくお伝えさせていただきます。みなさんと多種多様な納豆の世界を共有できたら嬉しいなと思いコラムという形で発信をはじめましたので、ゆるりと読んでいただけたら嬉しいです!

それではレッツ「ねばログ」!

▽1週間分の納豆配信まとめ動画も公開中!▽

1.やわらかな小粒アイドル。「豆の文志郎」/〈道南平塚食品〉

購入価格: 486円(50×2P)

●ねばり 2.4
●納豆のかおり 3.7
●豆のかたさ 2.1

北海道で行われたサミットにて食された納豆でお馴染みの、「豆の文志郎」。和紙のような見た目の袋に包まれ、さらに経木に丁寧に包まれてある高級感触れる納豆である。経木をゆっくりと開けると、そこに顔出すのは、ふっくらと柔らかそうな納豆たち。こちらをしっかりと見つめている可愛らしい小粒揃いのメンバーだ。ひと口いただくと、すこしタレにえぐみを感じる、醤油よりの味だということが1番初めに脳に伝達され、それから柔らかさのある上品な豆の食感を感じる。ぜひ柔らかな小粒好きな方に食べていただきたい一品。

2.あたまに「納」をつけたくなる美味しさ。「豆むすめ」/〈新庄最上有機農業者協会〉

購入価格:210円(90×1P)

●ねばり 3.4
●納豆のかおり 3.6
●豆のかたさ 2.1

んー、なんともニアピンな名前。頭に「納」と言う事がついていれば納豆むすめと完璧にシンクロするのだが。そんなことを思いながら手に取り、なかなか見かけない濃紺のパッケージを愛でながら自宅で冷蔵庫にしまった。

開封と同時に色のしっかりとした元気っ子な納豆たちが私を満面の笑みで迎える。ひと口いただくと大粒だけど威圧感のない歯ごたえ、タレも醤油も入れずそのままで食べるのが美味しいと思わせてくれる納豆の実力を感じることのできる深い味わい。この納豆の特徴として化学肥料も農薬も使っておらず、とてもこだわりの強さを感じることができる逸品だった。

3.美味しさも粘りも一歩ずつ。「いっ歩 大粒」/〈下仁田納豆〉

購入価格:324円(80×1P)

●ねばり 2.7
●納豆のかおり 3.7
●豆のかたさ 3.1

三角の経木納豆といえば、〈下仁田納豆〉さんである。と言っても過言ではないほどに、勢力の幅を広げている納豆会社さん。関東で最も見かかる経木納豆とも言えるだろう。「いっ歩」の納豆自体は、醤油の味でシンプルにまとまっており、粒感も気持ち再時間がコンパクトな中粒よりの大粒で、硬すぎずやわらかすぎずな食感もまた良い。全体的な味わいの感想として太く・優しく・包み込む雰囲気があり、ただいまと言いたくなるような温かみのある納豆。

4.2019ベスト・オブ小粒ノミネート納豆。「一粒のめぐみ 国産小粒納豆」/〈やぐちフーズ〉

購入価格: 200円(80×1P)

●ねばり 4.8
●納豆のかおり4.3
●豆のかたさ 3.5

これは絶品。小粒でここまで唸ったのもひさしぶりだった。醤油・たれはかけずに豆のみでいただくのがこれまた贅沢。味もしっかりと濃く、粒感もまさに絶妙なのだ。2019ベスト・オブ小粒ノミネート納豆に認定。日本橋の〈高島屋〉さんにて販売していたので、ぜひお近くの方には試していただきたい所存。個人的に歯ごたえのある納豆が好きなので、気持ち豆感を感じる食感があってもいいのかなと思ったが、本当に美味しい小粒納豆だった。

5.ふわっと愛らしさを纏って。「一粒のめぐみ ゆきしずか納豆」/〈やぐちフーズ〉

購入価格:270円(80×1P)

●ねばり 3.7
●納豆のかおり 2.7
●豆のかたさ 3.1

とてもきれいな包装で、いかにもこだわりの逸品。という風格と品を感じさせるビジュアル。名前からして可愛らしさがあるが、混ぜ始めるとふわふわとした粘りを出すのがより愛おしさを感じさせる。味わいは、だし感もしっかりとしており美味しい一品。前日に食した同じ会社から出ている「国産小粒納豆」に比べると、納豆の香りはかなりあっさりしているので、軽く食べたい方におすすめ。

6.やさしいひきわり。「一粒のめぐみ 国産ひき割り納豆」/〈やぐちフーズ〉

購入価格: 200円(80×1P)

●ねばり 3.8
●納豆のかおり 4.0
●豆のかたさ 3.2

3日連続で、〈やぐちフーズ〉さんの納豆。今回はひきわりだ。商品にタレは付いていないので、そのまま頂く。これも一口頬張ると、バランスの取れた納豆の味わいが、口いっぱいに広がりその旨味だけでどんどん箸が進む納豆である。ひきわり独特のガツンと感が強すぎず、匂いの強すぎるひきわりが苦手でも旨味を味わいたい方には、是非食べていただきたい一品。

7.経木がつなぐ故郷の味。「いっ歩 小粒」/〈下仁田納豆〉

販売価格: 324円(80×1P)

●ねばり 4.5
●納豆のかおり 3.9
●豆のかたさ 3.9

納豆の味も安定的にしっかりしていて、さすが〈下仁田納豆〉さん。と思わせてくれる一品。豆は気持ち固めに仕上がっており、納豆を包む経木の香りが鼻から抜けるのがまた少し粋な感じで良い。自分が神奈川の横浜出身だからなのか、経木の香りのする納豆を食べると、崎陽軒のシウマイ弁当の箱の香りが脳裏をよぎりがちなのである。見た目から香りまで楽しめる納豆。

●「7/15〜7/21 なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。巻き起こせ、カップ納豆旋風。」はこちら。
●連載『なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。』まとめページはこちら。
●毎朝8:30〜納豆ライブ配信中のインスタグラムはこちら。 @nattou_musume_

鈴木真由子

夏も真っ盛りな今日このごろ。溶けちゃいそうな暑さですね。夏バテにならないよう、栄養素として世界中から注目されている「ナットウキナーゼ」をぜひ納豆から摂取して、零話最初の夏も楽しく乗り切りましょう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る