カルチャー-10

いいね!は社会の映し鏡。 カルチャー発ソーシャル行 Meet #10/
こちらあみ子+タコピーの原罪 Learn 2023.02.15

映画、小説、音楽、ドキュメンタリー…あらゆるカルチャーにはその時代の空気や変化が反映されています。そんな「社会の写し鏡」ともいえる、秀逸な作品を編集部Sが紹介。

救いも希望もないけど、後味は悪くない。そんな物語が妙に残る。

ひたすらしんどかった。それでも(それゆえ!?)周囲に薦めまくっているのが映画『こちらあみ子』。主人公の、広島に暮らす小学5年生のあみ子は、こだわりが強く、相手の気持ちを理解するのが苦手なため、友達ができない。義理の母(父は再婚している)は心の病になり、実兄は不良になり、優しかった父までがあみ子の育児を放棄する。が、彼女は周囲から疎まれ孤立していることに気がつかず、空想の世界と現実の世界を生きていく。手をさしのべたり、包摂してくれる人やコミュニティは本作には現れない。けれど不思議と後味は悪くない。常にアップデートを迫られがちな世の中で、あみ子はただ、「生きている」。成果や成長といった承認ゲームから離れた場所にいる。と書くと、「その純粋無垢さが尊い」と持ち上げようとする感動ポルノ的な視点も出てきそうだが、きっとあみ子はそれらも相手にしない。ただ、生きている。

『こちらあみ子』/主人公・あみ子を演じたのはオーディションで選ばれた広島の小学5年生・大沢一菜(かな)。見れば納得のキャスティング。TCエンタテインメントより2/10 DVD発売予定。
公式サイト

ちょっとズレている子を異分子として排除する、ということでは漫画『タコピーの原罪』も印象深い。複雑な家庭環境の中、学校でいじめに遭い、「笑わない」少女しずかと、タコ型地球外生命体タコピーとの物語。登場人物の誰もが意地悪な部分があり(その方がリアルだ)、誰にも感情移入できないまま物語は終わる。が、やっぱり後味は悪くない。後味が「良い」と「悪くない」では、私は後者の物語が好きなのだろう、と思った。

『タコピーの原罪』/タイザン5による漫画。地球にハッピーを広めるために来たハッピー星人・タコピーは、助けてくれた少女しずかに笑顔を取り戻そうと奔走するが…。集英社より単行本上下巻が発売中。
試し読みはこちら↓
タコピーの原罪

[今月の担当]編集部S/ドキュメンタリー好き。 ABCテレビ『探偵! ナイトスクープ』の新探偵が誰になるか、ドキドキしています。Twitter:@bakatono72

Videos

Pick Up

SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ホテルインディゴ東京渋谷時代と共に変わりゆく街・渋谷を表現!〈ホテルインディゴ東京渋谷〉が誕生大型複合施設〈道玄坂通 dogenzaka-dori〉の上層階に、〈ホテルインディゴ東京渋谷〉が8月29日(火)開業。ここでしか体験できない、クリエイティブな渋谷を感じられる施設とは?気になる魅力をご紹介します。(PR/ホテルインディゴ東京渋谷)Travel 2023.08.29 PR