児玉雨子のきょうも何かを刻みたくて こだま あめこ

「 玉ねぎマシマシローキャベ 」 児玉雨子のきょうも何かを刻みたくて|Menu #8 Learn 2023.03.15

「生きること」とは「食べること」。うれしいときも、落ち込んだときも、いそがしい日も、なにもない日も、人間、お腹だけは空くのです。そしてあり合わせのものでちゃっちゃと作ったごはんのほうがなぜか心に染みわたる。作詞家であり作家の児玉雨子さんが書く日々のできごととズボラ飯のこと。

玉ねぎ2玉をぶんぶんチョッパーで刻み、豚ひき肉200g、卵1個、スパイス類と合わせてこねる。キャベツ半玉の中をくり抜き、肉だねと葉をミルフィーユ状に詰める。水100㎖を入れた鍋でコンソメキューブと煮る。
玉ねぎ2玉をぶんぶんチョッパーで刻み、豚ひき肉200g、卵1個、スパイス類と合わせてこねる。キャベツ半玉の中をくり抜き、肉だねと葉をミルフィーユ状に詰める。水100㎖を入れた鍋でコンソメキューブと煮る。

何かを刻むことも頼っていいじゃない。

「忙しい」と言うことに抵抗がある。私が苦手な人たちが、ほんとうによく多忙を理由に周囲にあたっていたのだ。ああなっちゃいけない、と彼らを反面教師にしてきたら、いつのまにか「忙しくても苦しくても甘えちゃいけない」と、私の中で完璧主義めいた自己完結論に成長していた。

これは数年前から自覚していて、少しずつ「頼る=甘え」という考えを解し、仕事はだいぶ周囲に頼れるようになった。けれど生活面はまだ難しい。たとえばフードデリバリーや家事代行業。どうしても後ろめたさを感じて利用できない。たまにUber Eatsのアプリを覗くと「私のズボラは、あくまで他人に頼らないものだよね?」と、内なる自己完結論者が私の首根っこを押さえる。さらに、家事代行業が労働基準法の対象外であることを知ってから、内なる自己完結論者が私を見つめる視線はより鋭くなった。

ありがたいことに最近は年末進行のようなスケジュールで、日々の癒しであった食事もプロテインかインスタントラーメンで済ませる日が続いた。徹夜し、変な時間に寝落ちして、違うデータを送ってしまうミスをした夢で目が覚め、気づけば最後にジムに行った日から2週間以上が通り過ぎている。

そんな中、友人から約10ヶ月遅れ(!)の誕生日プレゼントが届いた。箱を開けてみると、便利調理グッズをまとめて贈ってくれたのだ。電動ペッパーミル、低温調理器、そして「ぶんぶんチョッパー」も入っていた。

包丁で食材を切り刻むことがストレス発散にもなっていたので(この連載タイトルもそこから着想している)、正直ぶんぶんチョッパーはそこまで惹かれなかった。まぁでもせっかくだし何か刻んでみよう、と冷蔵庫にあった玉ねぎをぶんぶんしてみると、魔法のようにラク~に刻めてしまうではないか。楽しくなってきて、もう一玉ぶんぶん。刻みすぎてしまった玉ねぎのために、冷凍保存していた豚ひき肉を解凍し、巻かないロールキャベツを作った。

久しぶりの野菜と粉じゃないタンパク質を食べていると、『千と千尋の神隠し』で千尋が、ハクに差し出されたおにぎりを食べて重い涙をボトボトと落とすシーンが頭をよぎった。さすがにあんなに泣きはしなかったけど、助けられた気分になった。

もっと勇気を出して、頼れるようになろう。そう噛み締めながら友人にお礼のLINEを送り、明日の晩はUberしようと決めた。

photo & text : Ameko Kodama edit : Izumi Karashima

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR