171

「はたらく車」はカッコいい! 3歳の息子が気づかせてくれた、おっちゃんたちの心意気。|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.07.13

子どもが4人もいるのに、わが家にはチャイルドシート付きの電動自転車がありません。
なので、かぜおくんの保育園の行き帰りは、赤ちゃん時代はエルゴで抱っこ、それからベビーカーを経て今は基本、徒歩での通園になりました。

もれなく、はたらく車ブーム到来中のかぜおくんは、家から園に向かうまでの間、道ゆくバスやトラックに向かって「バイバーイ!」と元気よく手を振るのがお決まりのスタイルで、運転手さんが手を振りかえしてくれたら、もぉ~ご機嫌。
むしろ、彼の中で振りかえしてくれることが当たり前になりつつあって、最近は振ってくれないと相手が振るまでしつこく追いかけるという……。
もちろん、その隣にいるわたしは非常に気まずい思いをしますので、「みんなお仕事中だから、一回だけにしようね」と、さりげなく大人の事情というものを諭す日々です(笑)。

この日は運転手さん、かぜおに気づいて「バイバーイ!」と、なんとマイクで言ってくれました! よかったねぇ~。
この日は運転手さん、かぜおに気づいて「バイバーイ!」と、なんとマイクで言ってくれました! よかったねぇ~。

さて先日、夫からこんな話をされました。

「保育園に行く途中にさ、道路の反対側にセメント工場があるの分かる?ブーワン(かぜお語でショベルカー)とかミキサー車とかタンクローリーとかたくさんいるところ。
あそこを通りかかるたび、かぜおが一生懸命手を振るんだけど、最近それに気づいて、いつも手を振りかえしてくれるブーワン運転手のおっちゃんがいるんだよね」

その場所こそ知ってはいたけれど、そんなおっちゃんがいるなんて、とてもびっくりして、わたしも朝かぜおと保育園に行くときは意識的にその「おっちゃん」の姿を探すように。
何回か経て、やっとその方らしき男性が特定できました。なんとその方、かぜおに気づいてわざわざ入り口付近まで来て、大きく手を振りかえしてくれたのでした。
道の向こう側で、このご時世で顔はマスクで覆われているのに、その佇まいにやさしい笑顔しか想像できなかったのはなぜだろう。
殺伐とした朝の出勤時間に、ふと柔らかな光がスポットライトのように差し込んだ気がしました。

それから、おっちゃんのことは毎朝のお決まりの話題に。「今日も大きく手を振ってくれて、かぜおがニッコニコだった」とか、「今日は姿が見えなくて、かぜおがめちゃくちゃ凹んでた」とか。
そもそも、お話したこともない方の話題でこんなに盛り上がるだなんて、ちょっと不思議な感覚ですよね。

「トラックにブーワン!」カッコイイ車に遭遇すると、必ず立ち止まるかぜおくん。
「トラックにブーワン!」カッコイイ車に遭遇すると、必ず立ち止まるかぜおくん。

そんな日が続いたある日のこと。今度は夕方の話です。

「ついに、おっちゃんと話せたんだよ!」

夫がかぜおを保育園に迎えに行き、所用あってセメント工場側をふたりでテクテク歩いてきたら、なんと、いつものおっちゃんとたまたま遭遇したのだそう。

「オレも、『あれ?もしや……』と思ったんだけど、向こうがかぜおに気づいて声かけてくれてさ。毎朝ありがとうございます、ってやっと言えたよ~」

ええーー!! それはよかったね! と私も鼻息荒く返したのですが、ふと、そう話す夫のとなりで、当の本人(かぜお)の顔が若干こわばっていることに気づき……。
聞けば、おっちゃんが気を利かせてブーワンの近くまで案内してくれたのに、突然だったからびっくりしたのか「やだ~!」と泣きそうになった、とのことでした。
ちいさい子、あるあるだね(笑)。

わが子との徒歩移動。途中いろんなことに足を止めるので、なかなか前に進まない。(笑)
わが子との徒歩移動。途中いろんなことに足を止めるので、なかなか前に進まない。(笑)

ちなみに、そんなやり取りの中でおっちゃんは「この子が手を振ってくれることが毎朝の励みになっていて、本当にうれしいんです」と笑顔で言ってくれたそうで、その言葉にジーンと胸を熱くしていると、夫が付け加えるように一言。

「あとね、おっちゃんとか呼んでるけど、多分オレより若い人だったわ……」

な、なんと!衝撃の事実です(笑)。完全に『おっちゃん』が浸透しちゃったけど、これからは『お兄さん』に変更だね。

174

子を産み、自分が親になると、わが子と一緒にいるからこそ気づけることってたくさんあります。
道端にお花を見つけて目を輝かせたり、ちいさなダンゴムシに目をまあるくさせたり、子どもってちいさな感動を見つける天才だなぁと思うけれど、はたらく車に乗る人たちはそんな彼らの純粋さにそっと寄り添う、本物のヒーローなのだなぁと思いました。
子どもたちに夢を与えつづけるお仕事って最高にカッコイイ!いつも笑顔で手を振りかえしてくれるバスの運転手さん、トラックの運転手さん、そしてブーワンのお兄さん、本当にありがとうございます。
今日もかぜおは、みなさんとのコミュニケーションをたのしみに保育園に向かいます。

175

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR