157

しんどかったコロナ禍の夏休み、束の間の夫婦じかんに癒されたこと|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.08.24

長い長いと思っていた夏休みも、早いものであと1週間ほど。

えー、僭越ながら先月『夏休みの宿題を円滑に進めるコツ』と題してアドバイス的な記事も書かせていただいて、今ごろは親子ともども心に余裕をもって過ごしている予定だったのですが、なかなか思い通りにいかないのがわが家の常。案の定、夏休み終了までのカウントダウンとともに暗雲が立ち込めております……。結局いまだにドリルも自由研究も終わっていなくて「もぉ、なんで毎年こうなるの~(涙)」。とりあえず、無事に2学期が迎えられることを祈るのみです。

「はぁ~~……」と、わたしの深いため息が聞こえてきそうですね(笑)。
「はぁ~~……」と、わたしの深いため息が聞こえてきそうですね(笑)。

さて、こんなご時世で今年の夏も自由に出かけることができず、楽しみにしていた浜松帰省も叶わず、基本世田谷にこもる日々。
インスタグラムではしょっちゅう「カオス」という言葉とともにわが家のドタバタ劇を更新していました。

朝昼晩、3食のごはんづくりが本当にツラかったのですが、それ以上に堪えたのがきょうだいげんか。
4人いるので、いろんな組み合わせでケンカが勃発して、冗談抜きで5分おきくらいに誰かしらが号泣する事態に陥ってました……。

これを読んでくださっているパパママさんなら誰もが経験していると思いますが、子どもの泣き声を聞きつづけるってめちゃくちゃしんどくないですか。
わたし、どんどん心が病んでしまい、ながーい夏休みを乗り越える自信すらなくなっていました。

宿題する小学生チームと、やっとお昼寝してくれた3歳児がソファーに。カオス!
宿題する小学生チームと、やっとお昼寝してくれた3歳児がソファーに。カオス!

そんなある日のこと。なかよしご夫妻から突然連絡をもらいました。
「ざいざい(長男)から『今日遊ぼう~』ってメールが来たんだけど、天気が悪そうだからうちに遊びに来たらと思って」。
な、なんと! 神のようなお言葉にもちろん二つ返事で返信しつつ、ふと、息子もわたしの最近の疲労感を感じ取って空気読んだのかなぁとも思いました。
おなじ屋根の下、ママがどんよりしてたら単純に子どもたちだってイヤだよね。なんかごめん……と思いつつ、わが子4人は元気に友人夫妻の家へ出かけて行ったのでした。

そしたら、ありがたいことに夕飯も食べさせてくれるとのことで、突如まさかの夫婦ふたり時間。
日が傾き始めても夕飯の支度をしなくていい幸せを噛み締めつつ、「ふたりだけなら夕飯なんてパンとチーズと生ハムくらいで本当に充分なんだよね~」と、飲兵衛なわたしたちは買ってきた食材をテキトーに食卓に並べて、心置きなくワイングラスを傾けたのでした。
あー、至福のとき~! そして、そんな時間を過ごしながら、ちょっとだけ老後の夫婦生活を垣間みた気がしました。

「子どもたちが親の手を離れて巣立っていくのは寂しいものよ~」なんてよく耳にするけれど、わたしはむしろまた訪れる夫との夫婦ふたり生活は結構たのしみなんです。
もう、子どもたちと一緒のにぎやかな生活は楽しみ尽くしたとゆーか、静けさに飢えてるとゆーか。
かと言って、近しい友人の間ではわたしたち夫婦はケンカが激しいことでとても有名なんだけど(笑)。

わたしと夫の政治くんって、子どもが生まれてからも出会った頃と関係性がぜんぜん変わらなくて、いい意味でいつまでもおたがいがパパママじゃない。
だから、子どもが居ても居なくても一緒に楽しめることはなにも変わっていなくて、結婚生活も15年ほどになりますが、いまだに夫婦ふたりで過ごす時間が心地よいと思えるのはしあわせなことだなぁて、あらためて実感したのでした。

お昼ごはんは麺類になりがち……。そして、給食のありがたさを身をもって感じます。
お昼ごはんは麺類になりがち……。そして、給食のありがたさを身をもって感じます。

さて、友人の粋な計らいで息抜きをさせてもらったわたしたち。後日彼らと会ってその日の子どもたちの様子を聞かせてもらうと、「家だとケンカして騒がしいって聞くけど、うちに来るといつもみんなすごくいい子なんだよ~」とのこと。
なるほど、子どもたちも友人の家ではさすがによそ行きの顔になるのか(笑)。そして、彼らにとっても口うるさい母から離れて、束の間のリフレッシュ時間になったに違いありません。

そのあとも「あ~、もうマジでしんどい!」と思うと、そんなわたしを察してか、また別の友人が子ども連れて遊びに来てくれたり、わが子をプールに連れ出してくれたり、子ども同士でお泊まり会したり。
みんな「おたがいさま」って言ってくれるけど、(アサコちゃんまたギブアップしてそうだな……)と気にかけてくれることが本当にありがたく、なんとかこのコロナ禍の夏休みもぶじ終えることができそうです。
あ、子どもたちの宿題がきちんと終わりさえすれば、きっと……。

ママ友がプールに連れ出してくれた日の夜。夕飯も食べず寝てました(笑)
ママ友がプールに連れ出してくれた日の夜。夕飯も食べず寝てました(笑)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR