146

夫と4人の子どもたちにたくさん祝ってもらった、母になって13回目のお誕生日|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.09.28

私が母になって迎える13回目の誕生日。

今年は朝目覚めると、子どもたちが次々に大人の寝室にやってきて「ママお誕生日おめでとう~!」とハグしに来てくれました。きっとみんなで、「朝イチでママのお祝いしよう」って示し合わせてくれたんだろうなぁって思うとうれしくて。

幸せなきもちでリビングに行くと、かぞくのお誕生日にいつも掛けている「HAPPY BIRTHDAY」のガーランドがすでに飾られているではありませんか。聞けば、昨夜おそくにこっそり長女のりねんが仕込んでくれたそうで、朝からさらにウルっとしてしまったのでした。

144

と言うのも誕生日の前日、またしても夫婦ゲンカを勃発させてしまった私と政治くん。(また!? って声が聞こえてきそう)

もういい加減ケンカは減らしたいんですけど、ここ最近ではひさしぶりに大きめなヤツをやらかしてしまい……。
夫婦ふたりだったら険悪ムードを引きずったままだったかもしれない私のお誕生日、そんな雰囲気を感じ取って子どもたちはいつにも増して気を遣ってくれたのかもしれません。もう、夫婦円満はキミたちの存在があってこそ。いつもありがとう。

さて、そんな誕生日当日、わたしは日中予定が立て込んでいて、夕方帰宅すると玄関先ですでに夕飯のいい匂いが漂っていました。
政治くん、ケンカしたけどお料理がんばってくれてるんだ、とニヤリ(笑)。そしてふと、いつも脱ぎっぱなしの靴が散乱している玄関が妙にきれいに片付いていることに気づきました。
リビングに行くと「おかえり~」とえがおで迎えてくれたりねんが「ママ、お部屋キレイでしょ!? めっちゃ片付けたの」とひとこと。
見渡すとリビングもいつになく整っていて、目の前の娘が神さまに見えました。さすが、帰宅して部屋が散らかっていると、思わず大きなため息を漏らしてしまう母をよく見てる(笑)。
りねんはママをご機嫌にする天才だね〜。

145

さて、キッチンでは政治くんが猛烈に料理をしてくれていました。そして、ボールの中に茹でた米粉の麺を見つけてまたニヤリ。
最近なかなか口にすることがなかった夫婦で大好きなタイ料理、中でも私の大好物のパッタイを作ろうとしてくれてるのが分かったからでした。

たくさんケンカはするけど、嫁想いの心やさしい夫です。それに、花瓶にはわたし好みの大きな花束が。
いつもよりちょっと高そうなワインに、政治くんが用意してくれたお料理をダイニングテーブルいっぱいに並べて、家族みんなで「おめでとう」の乾杯をしました。

普段なにかのお祝いのときはお友だちを招くことも多いわが家ですが、しっぽり家族で過ごすのもいいじゃない。「父ちゃんのお料理おいしいね〜」と、子どもたちも大層ご満悦でした。

146

そうそう、宴もたけなわと思った矢先、夫と娘ふたりで共作したという手作りプリンが出てきたのにはビックリ!
しかも、そのためにプリン作りがプロ級にうまいお友だちにわざわざレシピを聞いたそうで(タイキくんありがとうね)、お友だちも巻き込んで作ったプリンは初挑戦とは思えない出来栄えで、作った本人たちでさえ感激するほどでした。

147

その昔は夫婦ふたりでささやかにお祝いしていたのが、いつしか一人二人と家族が増えて、毎年にぎやかさを増す私のお誕生日。
みんなの「ママおめでとう〜」という言葉に、育児で右も左も分からず思い悩んでいたころの自分に、未来がとってもしあせなことを伝えてあげたいなぁって毎年思います。

ちなみに、私から夫へのサプライズも用意していて、ずっと愛用している江戸木箸の漆塗りバージョンを出先で見つけて、夫婦おそろいのお箸を買って帰ったのでした。

お誕生日という節目に、食べることが大好きなわたしたちの心機一転。そのお箸で最初に食べたのが、自分の誕生日のお祝いに政治くんが作ってくれたお料理だったこともしあわせでした。
きっと夫婦ゲンカは永遠になくならないけれど、子どもたちに支えてもらいながら43歳もあかるく駆け抜けたいと思います。

148
149
150

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR