140

都会だってあきらめない、ご近所づきあいっていいものだ!|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.10.12

アサコ、やべー! 今日ふみおさんが炊き込みごはん作って持ってきてくれるって!」

キャンプから帰宅したある日の午後、駐車場で片付けをしていた夫の政治くんがそう言いながらうれしそうに部屋に戻ってきたことがありました。聞けば、同じマンションに住むなかよしのおっちゃん、ふみおさんに

「キャンプ行って疲れてんだろ~!? オレ今日炊き込みごはん作るからあとで持ってってやるよ」

と声をかけてもらったそうで。

「え、ほんとに!? やったー!!!!」

と、まさに夕飯つくるの面倒だなぁ……と思っていたわたしこそうれしかったのは言うまでもなく。
ちょうど子どもたちが「お腹すいた~」と言い始めたころ、タイミングよくピンポーンと玄関のインターホンが鳴り、にこにこ顔のふみおさんがお手製炊き込みご飯を届けてくれたのでした。

140

このマンションに住み始めて7年ほど。

もちろん当時は誰とも面識はなく、そもそもかなり人見知りなわたしと夫はどの住人の方とも廊下やエレベータの中であいさつを交わす程度のお付き合いをしていました。

そんな中、不思議と距離がグッと縮まったのがふみおさん。一見強面なのですが(笑)、マンション内で会うたびに「元気かー!?」とか「おー、かぞくでお出かけかー!?」とか、なにかしら声をかけてくれて、なんなら「お兄ちゃん(長男)野球好きなんだなぁ」と、子どもたちとも話をしてくれているのを知って、このご時世になんてステキなご近所づきあいをする方なんだ! と夫婦でふみおさんの大ファンに。

そしたらやっぱり、もともと客として通って仲良くなった近所のパン屋の店主とふみおさんもマブダチだと判明(ふみおさんも客から友だちに昇格したクチ)。
まさに、類は友を呼ぶ! ってことで、いつしかみんなで夕飯を持ち寄って一緒にごはんを食べたりするような仲になったのでした。

スープの冷めない距離とはこのこと!? お鍋が温かいまま、鍋ごと届きます。
スープの冷めない距離とはこのこと!? お鍋が温かいまま、鍋ごと届きます。

高校卒業時までの18年間浜松で育ったわたしは、それこそ田舎ならではのお裾分け文化はたくさん垣間見てきました。それゆえに長年、みかんとたけのこは誰かにもらうもの、という認識でした(笑)。正直、一人暮らしで初めてスーパーでみかんを買ったとき、ものすごい違和感がありました。

でも、同じことを東京に期待はしていなくて「電車の中ではスリに遭わないように前でカバンを抱えて持ちなさい!」と言われて上京したわたしは、おそらく最初から都会での人間関係を割り切って考えていたのだと思います。

だから気づけば今、同じマンションにふみおさんや、ほかにも家族ぐるみで付き合えるなかよしファミリーがいることが心からうれしくて、東京のご近所づきあいも捨てたもんじゃないなぁと思えるようになりました。
なにより、同じ東京で孤独に子育てしていた時期もあったからこそ、周りに頼れる人たちがいてくれる心強さを感じずにはいられないのです。

丁寧にザルに盛られた素麺とお汁がセットで届いたある日のお昼ご飯。ちょこっとの粉山椒もうれしい。
丁寧にザルに盛られた素麺とお汁がセットで届いたある日のお昼ご飯。ちょこっとの粉山椒もうれしい。

さて、この記事を書き出した日の夜、またピンポーンとインターホンが鳴りました。もうこの時間にインターホンが鳴ると「今日はなにかな~!?」って期待してしまうわたしなのですが(笑)、お野菜たっぷりの豚汁が鍋ごと届きました。
「このね、白菜が甘くてうまいのよ」と、ふみおさんがいつも"今日のお料理の決め手"を語ってくれるのもだいすき。

その言葉どおり、甘くてやさしい味わいに思わずかぞくみんなで笑顔になりました。

スープの冷めない距離とはこのこと!? お鍋が温かいまま、鍋ごと届きます。
スープの冷めない距離とはこのこと!? お鍋が温かいまま、鍋ごと届きます。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR