108

マンション暮らしでも手軽でカンタン、念願の【コンポスト生活】始めました|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2022.01.25

外食よりも断然おうちごはんが多いわが家。そして6人家族となれば、どうしたって生ゴミは増える一方で、日々悩みのタネでした。

そんな中、最近よく耳にするようになった〈コンポスト〉。ずっと気になってはいたものの「なんかハードル高そう。しかもうちマンションだし……」と、その一歩が踏み出せずにいたわたし……。

それが一転、年末から始めることになったのは、去年「暮らしmarche」を主宰する、ゆうかさんと出会ったのがきっかけでした。

”循環する暮らし”を提案する彼女からLFCというメーカーのフェルト製カバン型コンポストを紹介してもらって、その斬新な形にびっくり。
なんとなくイメージしていた”庭先に木枠”スタイルとはまったくちがう、持ち運び型だったことに衝撃を受けました。
しかも、見た目もかわいい! まさかこの中に生ゴミコンポストが潜んでいるだなんて思えませんよね。

108

「これならわたしにもできるかも」

そう思えて、ついに始めた念願のコンポスト生活が今とっても楽しいです。とくにむずかしいことはなく、ただ日々の生ゴミをカバンの中に入れていくだけで超カンタン!
おもしろいのが、日々生ゴミを投入しつづけるのに一切カバンがパンッパンにならないこと。
自然に微生物が発生して生ごみを分解していくので、常にかさは一定量に収まってバッグが閉まらなくなるようなことがないんです。自然の力ってすごいなぁって日々実感しています。

109
わたしは普段、ベランダに置いて使っています!
わたしは普段、ベランダに置いて使っています!

さて、そんなコンポスト初心者のわたしですが、コンポストを始めた方々が大抵いきづまる”共通の悩み”があるのだと知りました。

それが、できあがった堆肥の行き先……。約2ヶ月間生ごみを投入して、そのあと3週間ほどの熟成期を経て堆肥ができあがります。

お庭があるおうちだったり家庭菜園なんかをされているご家庭であれば、その堆肥の使い道があるのですが、たとえばわが家。マンション暮らしでベランダにちょこっとプランターを置いて植物を育てているレベルだと、堆肥が使いきれないんですよね。

そんなことが、以前こちらでもご紹介した〈世田谷区議中山みずほさんとのおはなし会〉でも話題にのぼって「どうにかならないものか……」とみんなで頭を悩ませたのち、みずほさんの計らいで、暮らしmarcheのゆうかさんから区に嘆願書を提出しに行けることに!
あのおはなし会からの迅速な動きに感激しつつ、わたしもその場に同行させていただきました。

111

お会いした清掃リサイクル課の事業課長さんと、コンポストのおはなしをいろいろと。結果、

▷10年前に実施していたコンポスト助成金やあっせんの復活は難しい

▷堆肥の活用先については世田谷区としても無いのが現状で、活用先が長期スパンで安定的に見込めなければ区のみなさんには「家庭で使ってください」に留まるしか案内ができない

などなど、課題は残ってしまいましたが、その旨SNSで発信をすると「コンポスト広めたい」「始めたい」「堆肥の活用を一緒に考えたい」などなど共感の声がたくさん返ってきて、みんなの関心の高さをあらためて感じることができました。
そんな輪がもっともっと世田谷に広がっていきますように!

このコロナ禍で、リモートワークになった人が増えたこともあって家庭ゴミは日々激増しているそうです。そんな中で自分にできることってなんだろう……と再度考えてみると、実はゴミの分別を見直すだけでもゴミが減らせることに気付くなどして(トイレットペーパーの芯とかお菓子の箱って、可燃ごみじゃなくて資源ゴミで回収してもらえるんです)、できることはまだまだあると確信しています。

身勝手な私たち人類のせいで地球が悲鳴をあげ始めている今こそ、家族、わが子、周りのお友だちもどんどん巻き込んで、ゴミ問題の向き合っていきたいと思います。

戒めのために、最近見てハッとしたこちらの動画をシェア!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR