97

地域のみんなと始めた「タマリバタケ」 今、”農”を通じて都会で紡いでいきたいこと|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2022.02.08

去年の秋から、地域の仲間たちと畑を始めました。その名も「タマリバタケ」。敷地の半分で野菜を育てて(ハタケ)、残りの半分はみんなで自由に集う場所に(タマリバ)。
そんな、地域の人たちにとっての憩いの場を作ることになり、わたしもひょんなことからその運営に携わることになりました。

この企画に置いて注目すべき点は、世田谷区との協働事業であること。そもそもその場所自体が世田谷区の所有地で、友人たちが「おもしろく活用したい!」と手を挙げて始動したプロジェクトなのです。

こちらが手付かずの状態。草ボーボーとはまさにこのこと。(笑)
こちらが手付かずの状態。草ボーボーとはまさにこのこと。(笑)
宅地だった場所を畑に! みんなで雑草を根こそぎ取り除く作業を。
宅地だった場所を畑に! みんなで雑草を根こそぎ取り除く作業を。

初めて現地に足を運んだのが去年の夏のこと。住宅地の中に突如出現する空き地なのですが、事前に聞いてはいたものの草の生い茂り方にびっくり! 本当にここが畑になるの? って不安になるくらいに草がボーボーなのでした(笑)。

それから、運営メンバーでオンラインミーティングを重ねて、世田谷区には草刈り&入口の階段を設置してもらって、2021年10月末に晴れて現地での活動がスタート。ま、とは言えなにもない状態からの始まりです。
毎週土曜日の10時からお昼ごろまでを作業時間に設定して、みんなで畑にする場所をせっせと耕して(思った以上に大変!)物置を組み立てて設置して(思った以上に真っ直ぐ立たない!)、少しずつそれらしい空間になってきました。

物置の組み立てがこんなに大変だなんて知りませんでした。(笑)
物置の組み立てがこんなに大変だなんて知りませんでした。(笑)
工事現場っぽい入口を、ペンキを塗ってイメチェン!
工事現場っぽい入口を、ペンキを塗ってイメチェン!

スタートから2週間後、ついに 仲間が事前に育ててくれていた苗をみんなで畑に植えました。一気に畑の雰囲気が増して俄然テンションもアップ! 

そして、近所の精米店の米ぬかとラーメン屋さんの魚粉をゲットして、耕したときによけておいた雑草や根っこたちと混ぜて、堆肥づくりにもチャレンジしました。
廃棄されるはずのものが畑に使う堆肥に生まれ変わるだなんて、恥ずかしながら今まで想像もしたこともなかったわたし。その循環の仕組みを知って、ひとりしずかに胸を熱くしたのでした。

タマリバタケのために大嶋夫妻が種から育ててくれた苗。下準備が本当にありがたいです。
タマリバタケのために大嶋夫妻が種から育ててくれた苗。下準備が本当にありがたいです。
ほうれん草、カブ、大根、イチゴなどなど、いろんな苗を植えました。
ほうれん草、カブ、大根、イチゴなどなど、いろんな苗を植えました。

そんなタイミングで、前回のコラムで登場した”暮らしmarche”のゆうかさんにも出会いました。
今、タマリバタケに参加している仲間たちの間では空前のコンポストブーム。家庭でも気軽に始められるLFCのフェルト素材のコンポストが大人気です。
いずれは各家庭の生ゴミから生まれた堆肥を集めて、みんなで野菜を育てたいなぁと夢が膨らみます。

102

さて、そのあとはタマリバを充実させるべく、ベンチやテーブルをDIY。板を何枚もカットして組み立てて釘を打ち込んでニスを塗って。
そんな一連の流れを見るのも新鮮で、子どもだけでなく大人たちにとっても刺激的な経験でした。

ちなみに、この活動はどなたでも参加ができるのですが、当初どうやってみんなに周知していくかは課題の一つでした。
最初に浮かぶのはもちろんSNSなのですが、たとえば年配の方でSNSを使わない方もいるかもしれないし……。と、地域の回覧板、ポスターなども併用して広めていくことに。

そしたら意外と、世代問わず後者で知ってくれる方も多くて、アナログの良さも再認識。
たまたま作業しているときに前を通りかかってそのまま参加してくれる方もいたりで、今ではかなりたくさんの方にタマリバタケに足を運んでもらえるようになりました。

わたしはここで出会った自分の親くらいの年齢の女性と仲良くなって、先日も夫も連れて彼女のお家にお茶しに行ってきました。
気付いたら3時間以上も話し込んで、なんなら一緒に旅する約束までして、もう完全なるマブダチです(笑)。まさかタマリバタケを通じてご近所に年配のお友だちができるだなんて。
とってもうれしいし、まさにこの時代に必要な繋がりだと思いました。これから、タマリバタケが地域の繋がりをもっともっと広げてくれるといいな。

103
この日はFMせたがやの取材も入りました。どんどんにぎやかになるタマリバタケ!
この日はFMせたがやの取材も入りました。どんどんにぎやかになるタマリバタケ!

最近は秋に植えたカブや大根、ほうれん草などが収穫できるようになって、現地でみんなで味見するのも楽しみに。
そうそう、意図しない畑の斜面にふきのとうが生えていたのにはびっくり! 持ち帰って、よく遊びに行く気仙沼で初めて食べさせてもらって、そのおいしさに感動した"ばっけ味噌"(ふきのとう味噌)をさっそく手作りしました。
自画自賛だけどとってもおいしく仕上がって、タマリバタケ仲間に思わず差し入れしちゃったほど。

立派なふきのとう。仲間が見つけてくれなかったら、わたしは絶対に気づけなかったと思います。
立派なふきのとう。仲間が見つけてくれなかったら、わたしは絶対に気づけなかったと思います。
初めて手作りしたばっけ味噌。ほかほかのご飯に乗っけて食べるとサイコーです!
初めて手作りしたばっけ味噌。ほかほかのご飯に乗っけて食べるとサイコーです!

都会暮らしをしていると無意識に"当然"のように感じてしまうことって多々あって、たとえば「野菜はきれいにビニールに包まれているもの」「ご近所付き合いは希薄なもの」などなど、今までなんの疑いもなく当たり前に過ごしてきました。
それが、タマリバタケやそこに関わる仲間たちと出会ったことでわたしの暮らしは一変。食にも人にもストーリーを感じられると、日々がより満たされることを知りました。
なにより、地域に「〇〇さん」と名前で呼べる人が増えることほど豊かなことってない! そう確信したからこそ、タマリバタケを通じてもっともっと都会の可能性を広げていけたらいいなぁって思います。

107

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR